新型ワゴンRの予想性能

新型ワゴンRは2008年1月登場のパレットに採用されている低床プラットフォームをベースに使い、これまで以上に室内空間を拡大し、居住性のレベルアップを図るようです。
またパレットに搭載された新開発のリアサスも搭載されるということなので、走りの面でも質感の向上が期待されます。
一方、エンジンやトランスミッションについては現行モデルの持ち越しとなるようですが、こちらについては細かな改良が加えられて燃費性能の向上が図られるということです。
また新型ワゴンRに搭載されるエンジンは、660cc3気筒のNAとターボが用意され、これにCVT、4AT、5MTが組み合わされることとなるようです。
ちなみに現行モデルと同様に、NAについては54PS、ターボについてはメインとなる60PSの低圧ターボ、そして64PSの直噴ターボの2種類という展開になりそうです。
更に10・15モード燃費については、NA+5MTの組み合わせで24.0km/h、NA+CVTの組み合わせで22.0km/hを目標にしているとの情報もあります。
なお、既にいくつかの自動車雑誌には新型ワゴンRの予想CG画像が掲載されていますが、結構イメージが異なるものもありますね。