ヴェルファイアの居住性

高級感漂うインパネデザインやLED間接照明など豪華なインテリアでくつろぎの空間を演出してくれるヴェルファイア。
その室内は快適な居住性も持ち合わせています。
ヴェルファイアのセカンドシートは現行アルファードと同様に、左右独立のキャプテンシートとなる7人乗り仕様とベンチシートタイプの8人乗り仕様が用意されます。
今回登場するヴェルファイアと新型アルファードで特に注目されているのは、7人乗り仕様のキャプテンシートです。
標準でシートと一体式のオットマンが装備されるのですが、ヴェルファイアの上級グレードではリクライニング等の操作が電動式となっています。
更に上級グレードには大型ヘッドレストや大型アームレストも装備され、より快適な乗り心地を味わえるものとなるようです。
リクライニングは最大で78度、オットマンは74度まで調整可能となっています。
なお7人乗りの他のグレードについてはリクライニング等の調整は手動となりますが、こちらもリクライニングは72度、オットマンは77度で十分な調整範囲が確保されています。
またフロントシートについても助手席にはパワーオットマンが装備され、51度までの調整が可能だそうです。
その他サードシートにはワンタッチスペースアップ機構が組み込まれ、軽い操作で収納が出来るようになっています。