トヨタ ヴァンガード間もなくデビュー

トヨタの新車情報としてヴァンガードを当サイトで取り上げたのは1ヶ月ほど前でしたが、いよいよ8月30日のデビュー目前ということもあって、自動車情報誌やネット上でもヴァンガードの詳細な情報が見られるようになってきました。
ヴァンガードはもともとクルーガーの後継車ということで早くから話題になっていましたが、今後発売される新型車の中でも特に高い注目を集めているようです。
ヴァンガードを様々な角度からみた画像が入手できるようになり、パッと見たところではRAV4を少々長めにしたようなフォルムに感じられましたが、そのスタイルは3列目シートの存在が感じられないほどスッキリとしたまとまりのいいデザインとなっています。
ちなみにヴァンガードはRAV4ベースということですがフロントマスクは明確に差別化されており、またサイドから見た画像ではRAV4よりも長いフォルムがよくわかります。
RAV4の全長をひと回り大きくしたボディは、それでも4570mmと比較的コンパクトなものとなっており、街中での取り回し性も良さそうです。
それにもかかわらず3列シートで7人乗りも可能というところが、ヴァンガードの大きな魅力だと思います。
車内インテリアやインパネ回りについては上級モデルらしい上質感を持っているのはもちろんですが、特に注目したいのはヴァンガードの安全装備です。
先日トヨタから乗用車系車種を対象に近々発売予定の新型車以降、サイド&カーテンエアバッグを全車に標準装備すると発表がありましたが、ヴァンガードもこれに従い装着されるようです。
個性的なライバル車の多いSUVですが、ヴァンガードはトヨタ車らしい走りと装備、優れたユーティリティや安全性を兼ね備えた高級ミディアムSUVとして間もなく登場します。