ヴァンガードの内装・車内装備について

ヴァンガードのインパネデザインはエクステリアと同様に、RAV4をベースとしているようです。
ダッシュボードは基本的にRAV4と同じコンポーネントが使用されているとのことですが、オリジナルの加飾を施してワンランク上の上質感を演出しています。
特徴的なのがセンタークラスターやドアトリムステアリングスイッチなどにあしらったブロンズ調の加飾と、3.5リッター車に採用されているシフトゲートやパーキングブレーキノブなどに施されているクロームメッキ処理です。
またヴァンガードにはブロンズ調の3連リング式オプティトロンメーターや本革巻きのステアリング、シフトノブが全車標準となり、これらも上質感を演出しています。
ヴァンガードの内装関係については、上品質なインテリアを備えたグレード・Gパッケージが用意されています。
Gパッケージでは、標準グレードのシート素材がファブリックであるのに対し、本革とスウェードタッチのアルカンターラを組み合わせたシートになります。
更に前席については運転席に8ウェイのパワーシートが、助手席に4ウェイのパワーシートが装備されます。
その他、ヴァンガードはワンランク上のSUVらしく快適装備も充実しており、スマートエントリー&スタートシステムは全車に標準装備となるようです。
標準装備にはこのほか、運転負荷を軽減してくれるクルーズコントロールやライト自動点灯・消灯システムのコンライトなどが用意されているようです。