ヴァンガード最新情報のブログ記事

トヨタの新型車ヴァンガードが発売されるのが2007年8月30日ですから、もう少しで予約も開始されるでしょう。
ヴァンガードの予約開始後、やはり気になるのは値引き額ですが、発売直後の新車の値引きはかなり引締められると思われます。
ただしヴァンガードはRAV4のロングバージョン的な性格を持っているため、新鮮さは長続きせず早い段階での値引き拡大が期待できるとも予想されています。
値引き交渉の準備として交渉時期、競合ライバル車の設定、販売店の競合、下取り車の査定などの基本的なポイントは押さえておくことも大切です。
ヴァンガードの発売直後は値引きも渋めでしょうが、一般的に値引き額が大きくなる年末商戦および冬のボーナス時期と合わせて購入を考えるのであれば、早めの値引き拡大も予想されていることもあって期待どおりの交渉ができるかもしれません。
また競合ライバル車として日産エクストレイルやホンダ クロスロードなどをぶつけて交渉するほか、ヴァンガードを扱うトヨペット店とカローラ店の競合も可能です。
ヴァンガードを購入するにあたって下取り車があるのであれば、ディーラーの査定のみでなく車買取店等での査定も受けて適正な査定額を把握しておくことも大切です。
ネット上でも車買取査定を行ってくれる車査定専門サイトが結構ありますから、まずはオンラインで手軽に愛車の査定を受けておくのも良いでしょう。
ほとんどのサイトが「車無料査定」とうたっていますし、中には車を高く売るコツを提供していたり中間マージンをカットして高額査定を行ってくれるサイトもあるようなので、チェックする価値はあると思います。
車査定買取相場を提供しているサイトも多数ありますから、実際の査定前にある程度の目安をつかんでおくことも可能です。
新車の値引き交渉は渋くなるのがお決まりですが、車両本体価格とオプション・付属品サービスを併せて10~15万円の値引きは目指したいところです。
なおヴァンガードの予想価格は250~300万円強との情報がありましたが(あくまでも予想です)、クルーガーの後継車ということを考えれば、この辺りの価格帯に落ち着くのではないかと思われます。
トヨタの新型SUV「ヴァンガード」の発表日が2007年8月30日になるようです。
ヴァンガードはトヨタ クルーガーの後継車という位置づけとなっているSUV車ですが、発表まで2ヶ月を切ったところで、ようやく詳しい情報が出はじめてきたようです。
これまでヴァンガードは北米で発売されているRAV4ロングボディの日本仕様車になるという話が出ていましたが、どうやらそのとおりでRAV4をベースにひと回り大きな車格を持ったモデルになりそうです。
ヴァンガードのボディサイズをRAV4と比較すると、全長は235mm、ホイールベースは100mmそれぞれ長くなっています。
エクステリアについては、ベースとなったRAV4のシルエットを残しつつ、ボディのワイド感を高めた印象になっています。
またヴァンガードに搭載されるエンジンは、2.4リッター直4DOHCと3.5リッターV6DOHCの2種類が用意されるそうです。
室内については3列シートもラインナップされ、多彩なシートアレンジも可能なようです。
RAV4をベースにしつつも、随所にひとクラス上を感じさせる演出を施したトヨタ ヴァンガード。
いよいよSUV市場に投入されます。