新型ティアナ詳細情報のブログ記事

2008年6月2日の発表を間近に控え、新型ティアナの詳細な情報が見えてくるようになりました。
新型ティアナの姿が明らかになるとともに、これまで入手していた情報と若干異なる点が出てきました。
まずは新型ティアナのボディサイズですが、以前は現行モデルと同程度になるだろうとの予想でしたが、実はひと回り大きくなって登場するようです。
具体的な数値は、全長が4850mm、全幅が1795mm、全高が1475mmで、どうやらトヨタ クラウンとほぼ同じサイズとなります。
(ちなみに以前紹介していたボディ予想サイズは全長4800mm、全幅1780mm、全高1480mmでした)
またサイドのキャラクターラインは日本刀をイメージしているとのことですが、この流麗なキャラクターラインと拡大したボディで、ティアナの高級感がより高まるようです。
そして新型ティアナに搭載されるエンジンについては、これまでの予想どおり2.5リッターと3.5リッターが用意されるそうです。
パワーに関しては、2.5リッター車が最高出力185PS、最大トルク23.7kgmで、3.5リッター車が最高出力252PS、最大トルク34.2kgmとなっています。
なお新型ティアナの気になる価格については、2.5リッター車が250万円程度、3.5リッター車が350万円程度と予想されています。

新型ティアナに搭載されるエンジンは、現行モデルと同様に排気量の異なる2種類のV6がラインナップされるようです。
現行モデルのV6エンジンは2.3リッターと3.5リッターの2種類でしたが、新型ティアナでは2.3リッターに代わり2.5リッターが設定されるとのことです。
ティアナの2.3リッターV6エンジンは、NICS(可変吸気システム)とCVTC(連続可変バルブタイミングコントロール)を採用した新開発のエンジンということで注目されていましたが、今回のモデルチェンジに伴いパワー不足を補うための排気量アップが図られるようです。
ただしFF用の2.5リッターV6エンジンが現在の日産には存在しないことから、この2.3リッターV6エンジンをベースとして新たに開発されることとなる模様です。
また3.5リッターV6エンジンについては、現行型に改良を施したものとなるそうです。
ちなみに最高出力は2.5リッター車が180PS程度、3.5リッター車が240PS程度と予想されています。
なお新型ティアナのトランスミッションは、2.5リッター車、3.5リッター車ともに6速CVTが組み合わされる可能性が高そうです。