新型ティアナ情報スクープ NISSAN TEANA-HOME
2008年6月2日の発表を間近に控え、新型ティアナの詳細な情報が見えてくるようになりました。
新型ティアナの姿が明らかになるとともに、これまで入手していた情報と若干異なる点が出てきました。
まずは新型ティアナのボディサイズですが、以前は現行モデルと同程度になるだろうとの予想でしたが、実はひと回り大きくなって登場するようです。
具体的な数値は、全長が4850mm、全幅が1795mm、全高が1475mmで、どうやらトヨタ クラウンとほぼ同じサイズとなります。
(ちなみに以前紹介していたボディ予想サイズは全長4800mm、全幅1780mm、全高1480mmでした)
またサイドのキャラクターラインは日本刀をイメージしているとのことですが、この流麗なキャラクターラインと拡大したボディで、ティアナの高級感がより高まるようです。
そして新型ティアナに搭載されるエンジンについては、これまでの予想どおり2.5リッターと3.5リッターが用意されるそうです。
パワーに関しては、2.5リッター車が最高出力185PS、最大トルク23.7kgmで、3.5リッター車が最高出力252PS、最大トルク34.2kgmとなっています。
なお新型ティアナの気になる価格については、2.5リッター車が250万円程度、3.5リッター車が350万円程度と予想されています。

新型ティアナの発表時期について、これまで2008年の5月頃と予想されていましたが、どうやら6月となるようです(最新情報では6月2日と予想されています)。
既に日産のWEBページでは新型ティアナの情報を公開しており、そこにも「新型ティアナ2008年6月登場」と記載されています。
同ページでは新型ティアナのエクステリアやインテリアなどを公開するとともに、機能やグレード、バリエーション等も紹介されています。
確か、先行予約注文も受け付けていましたので、興味のある方は是非ご覧になってください。
ちなみに更に詳しい新型ティアナの情報を知りたい方には、メールや郵送にて案内してくれるそうですので、ご購入を検討している方は利用されてはいかがでしょうか。
ティアナといえば広々とした室内スペースと高品質なインテリアが好評でしたが、当サイトでも既に触れているとおり、新型では更に洗練されたものとなるようです。
注目すべきポイントは全面改良されたシートで、新開発の3層構造シートを採用しています
シートのベースには振動吸収ウレタンを使用して、更にスラブウレタンを加えています。
これによって、座ったときの質感・ソフト感が大きく向上しているようです。
また新型ティアナの装備面で話題になりそうなのが、開放感を高めたスタイリッシュガラスルーフです。
これは前席から後席までカバーする大型のガラスルーフですが、ガラス面積が広いため後席にも自然光が差しこみ、高い開放感が得られます。
2008年6月に登場する新型ティアナも現行モデルと同様、モダンリビングコンセプトを踏襲しています。
モダンで上質なFF高級サルーンが間もなく登場します。

新型ティアナに搭載されるエンジンは、現行モデルと同様に排気量の異なる2種類のV6がラインナップされるようです。
現行モデルのV6エンジンは2.3リッターと3.5リッターの2種類でしたが、新型ティアナでは2.3リッターに代わり2.5リッターが設定されるとのことです。
ティアナの2.3リッターV6エンジンは、NICS(可変吸気システム)とCVTC(連続可変バルブタイミングコントロール)を採用した新開発のエンジンということで注目されていましたが、今回のモデルチェンジに伴いパワー不足を補うための排気量アップが図られるようです。
ただしFF用の2.5リッターV6エンジンが現在の日産には存在しないことから、この2.3リッターV6エンジンをベースとして新たに開発されることとなる模様です。
また3.5リッターV6エンジンについては、現行型に改良を施したものとなるそうです。
ちなみに最高出力は2.5リッター車が180PS程度、3.5リッター車が240PS程度と予想されています。
なお新型ティアナのトランスミッションは、2.5リッター車、3.5リッター車ともに6速CVTが組み合わされる可能性が高そうです。

新型ティアナのスタイリングについては、第40回東京モーターショーに出展されたインティマをご覧になっている方は既に確認済みかと思いますが、最近キープコンセプトのモデルチェンジが多い中で、新型ティアナはかなりイメージを変えて登場します。
新型ティアナのスタイリングは実にエレガント。
ルーフからリアへと流れるラインは非常に美しく、モダンリビング・コンセプトにふさわしい外観です。
リアスタイルは、あくまでも流麗に、一方で力強さを感じさせるフロントマスクを併せ持っており、新型ティアナは単に優美というだけではない、不思議な魅力を醸し出しています。
現行モデルは強烈な個性を持ってはいなかったものの、決して魅力不足のスタイリングではありませんでした。
しかし新型ティアナはモダンリビングの解釈を更に発展させ、より高いレベルへと進化したエクステリアデザインとなっています。
なお新型ティアナのボディサイズは現行モデルと同程度の全長4800mm、全幅1780mm、全高1480mmと予想されていますが、室内のスペースはこれまで以上の広さを確保しているようです。

日産ティアナは「洗練された大人のための高級セダン」をコンセプトに開発され、モダンなリビングの感覚を表現したハイセンスなインテリアが特徴でした。
2003年2月にデビューしてから早くも5年が経過し、いよいよ2代目となる新型ティアナが登場します。
新型ティアナの情報については2007年の後半あたりから少しずつ入手できるようになってきましたが、最近になってようやくデビュー時期などが絞られてきたようです。
新型ティアナの画像もそろそろ出回ってくるかと思いますが、その姿は既に多くの方が目にしているかもしれません。
というのも今回フルモデルチェンジで登場する新型ティアナは、第40回東京モーターショーに出展されていた「インティマ」がベースとなっているからなのです。
インティマはショーカーということもあり加飾が施されていたため若干ボディサイズが大きめになっていましたが、新型ティアナは現行モデルとほぼ同等のサイズとなるようです。
エンジンについては現行モデルと同様にV6には2種類の排気量が用意されるようですが、2.3リッターに代わって新たに2.5リッターが設定されることになりそうです。
なお新型ティアナの発表時期は、今のところ2008年5月上旬と予想されています。

| 1 |