新型タントの居住性

新型タントは車体前後の限界にまで広げたロングホイールベースによって、クラス最大の室内長を実現しています。
タントといえば現行モデルでも軽自動車でナンバー1の広さを確保していましたが、今回のモデルチェンジでは更に磨きをかけて登場します。
新型タントは軽規格という限られた条件のもと、ホイールベースを50mm伸ばすとともにインパネを80mmほど前方に出すというパッケージングの改善を図っています。
これにより新型タントは圧倒的な広さを実現しているわけですが、1135mmという前後座席間距離は大型サルーンにも匹敵するほどの広さです。
また室内長は現行モデルと比べて150mm延長された2160mmとなり、この数値はレクサスLSと同レベルです。
新型タントでは、このような広い室内を活かして、豊富なポケッテリアが用意されます。
プッシュオープンカップホルダーをはじめとし、助手席アッパーボックス、インパネアッパーボックスや前席センターアームレストボックスなど。
更にはインパネロアボックスや運転席インパネアンダートレイ、ゲームなどを収納できるキッズポケットなどが新採用となります。
なお新型タントは助手席が280mmのロングスライド、後席も260mmのスライドが可能となっており、使い勝手の良い室内空間を実現してくれます。