新型タントの広さに迫る!

新型タントの最大のポイントとなる室内空間について、東京モーターショーに出展されるショーカーの情報をもとに探ってみました。
新型タントが現行モデルよりも更に広い室内となるということは、最近では至るところで目にするようになったと思います。
具体的には現行モデルに比べて室内長は150mm長く、室内幅は50mm広く、室内高は25mm高くなります。
現行モデルでさえ軽自動車の枠を超えた広い室内を持つタントでしたが、今回のモデルチェンジでは限界を超えた更に広い室内空間を実現しています。
そして新型タントの室内長2160mmという数値ですが、実はレクサスLS460と同じ広さだというから驚きです。
更に1355mmという新型タントの室内高は、今年発売された新型ノアの1350mm以上ということなので、いかに広いかが想像できると思います。
前後の席間距離も95mm広がった1135mmとなり、5ナンバーミニバンに匹敵するほどの居住空間を確保したものとなるようです。
ちなみに新型タントのボディサイズは全長3395mm、全幅1475mm、全高1750mm(ショーカー諸元)となっています。