新型タント 情報スクープ DAIHATSU TANTO-HOME
新型タントは車体前後の限界にまで広げたロングホイールベースによって、クラス最大の室内長を実現しています。
タントといえば現行モデルでも軽自動車でナンバー1の広さを確保していましたが、今回のモデルチェンジでは更に磨きをかけて登場します。
新型タントは軽規格という限られた条件のもと、ホイールベースを50mm伸ばすとともにインパネを80mmほど前方に出すというパッケージングの改善を図っています。
これにより新型タントは圧倒的な広さを実現しているわけですが、1135mmという前後座席間距離は大型サルーンにも匹敵するほどの広さです。
また室内長は現行モデルと比べて150mm延長された2160mmとなり、この数値はレクサスLSと同レベルです。
新型タントでは、このような広い室内を活かして、豊富なポケッテリアが用意されます。
プッシュオープンカップホルダーをはじめとし、助手席アッパーボックス、インパネアッパーボックスや前席センターアームレストボックスなど。
更にはインパネロアボックスや運転席インパネアンダートレイ、ゲームなどを収納できるキッズポケットなどが新採用となります。
なお新型タントは助手席が280mmのロングスライド、後席も260mmのスライドが可能となっており、使い勝手の良い室内空間を実現してくれます。
新型タントのデビューが2007年12月17日に決まったようです。
現行タントが2003年の東京モーターショーに出展されてから4年。
好評を得てきたタントのコンセプトはそのままに、細部にわたって進化を遂げた新型タントが登場します。
新型タントの室内インテリアは、現行モデルに比べて全体的に質感の向上が施されています。
インパネシフトやセンターメーターの採用は現行モデルと同様ですが、緻密に仕上げられた各パネルの合わせ目や滑らかなインパネ周りのラインなど、上質感が大きく増した印象を受けます。
また新型タントのセンタークラスターをインパネから浮き上がったように見せる処理は、現行モデルと大きく異なる点です。
新型タントのシートは標準車ではブラウンとベージュで明るいイメージに、カスタムでは精悍なブラック基調となります。
その他、標準車のシートは飲み物などをこぼしても簡単に拭き取れる撥水加工が施され、最上級グレードには軽自動車初となるフローリングフロアも採用されます。
新型タントの最大のポイントとなる室内空間について、東京モーターショーに出展されるショーカーの情報をもとに探ってみました。
新型タントが現行モデルよりも更に広い室内となるということは、最近では至るところで目にするようになったと思います。
具体的には現行モデルに比べて室内長は150mm長く、室内幅は50mm広く、室内高は25mm高くなります。
現行モデルでさえ軽自動車の枠を超えた広い室内を持つタントでしたが、今回のモデルチェンジでは限界を超えた更に広い室内空間を実現しています。
そして新型タントの室内長2160mmという数値ですが、実はレクサスLS460と同じ広さだというから驚きです。
更に1355mmという新型タントの室内高は、今年発売された新型ノアの1350mm以上ということなので、いかに広いかが想像できると思います。
前後の席間距離も95mm広がった1135mmとなり、5ナンバーミニバンに匹敵するほどの居住空間を確保したものとなるようです。
ちなみに新型タントのボディサイズは全長3395mm、全幅1475mm、全高1750mm(ショーカー諸元)となっています。
新型タントが東京モーターショーにてお披露目されることとなりました。
もともと軽自動車では最大級の広さを誇るタントでしたが、今回のモデルチェンジでこれまで以上の広さと開放感を身につけて登場するようです。
新型タントのエクステリアについては、現行モデルのタントと同じく標準タイプとカスタムの2種類が用意されるようです。
標準タイプは、ほのぼのとした親しみやすさを感じさせる、どちらかというとファミリー向けのモデルとなっています。
それに対してカスタムは、フロント・リヤともに個性的なスタイルで、ちょっとツリ目気味のマスクがワイルドな印象を与えるモデルです。
新型タントのエクステリアについては、人気のあったモデルだけにキープコンセプトという感じですが、中身については驚くほど進化を遂げているようです。
新型タントは軽自動車では初となるセンターピラーレスのスライドドアを助手席側に採用し、これにより大開口を実現して乗降性は各段にアップ!
更に上級トップグレード車では、電動・リモコンスライドになるということで、軽自動車という枠を超えた進化を見せつけてくれます。
軽クラスに収まらない使い勝手と利便性を備えて、新型タントが登場します。
新型タントが2007年末にモデルチェンジを図り登場するという情報は、比較的早いうちから出回っていたのですが、その内容はほとんどわからない状況でした。
ところが、ここ最近急激に新型タントの画像やスペック等の情報が見受けられるようになりました。
というのは、10月末から開催される東京モーターショーで新型タントが出品されるからなのですが、その内容は・・・・・。
タントと言えば軽自動車としては広いスペースを持つ室内が魅力ですが、ライバルのスズキから対抗馬のパレットが登場することもあり、軽自動車はこれまで以上の激戦区となる模様です。
そんな中で新型タントは最大の持ち味である室内スペースの更なる拡大と、開放的で便利なピラーレススライドドアを採用して登場するようです。
新型タントはこれまでどおり「軽自動車ナンバー1の広い室内」をコンセプトにモデルチェンジを図ったようですが、現行モデルでさえ軽規格一杯の全長と全幅を持っていました。
では、どのようにこれまで以上に広い室内を確保したのかというと、新型タントはホイールベースを50mm伸ばすとともにインパネを80mmほど前方に出し、これにより軽自動車とは思えないほどの広さを実現したのだそうです。
現行モデルのタントも東京モーターショーに参考出品された直後に市販化されましたが、今回もモーターショーが終了したのちに、正式発表および発売という流れになるようです。
| 1 |