スカイラインのカラーデザインについて

スカイラインクーペに採用されている和紙調の本アルミフィニッシャーをご存知でしょうか。
スカイラインにこの和紙調を提案したのは、日産自動車に入社して間もないカラーデザイナーの岸亜優子さんという方でした。
岸さんは大学時代に日本の美術を研究しており、卒業後2004年に日産自動車へ入社し、カラーデザイン部に配属されました。
日産自動車創立70周年と江戸開府400年が重なった2003年に東京モーターショーが開催されましたが、ここに登場した2台の車がありました。
日産の先進技術と江戸の伝統工芸の技を多彩に盛り込んだコンセプトカー「ジクウ(時空)」。
そしてモダンな和をテーマにデザインしたインテリアを持つ「フーガ(風雅)」です。
これらの車の持つイメージに「自分とコンセプトが近い」と感じ、岸さんは日産に入社されたそうです。
入社後、配属されたのはカラーデザイン部。そこで最初に担当した車がスカイラインでした。
しかし、スカイラインの名前だけは知っていたものの、日産の花形車種であることは全く知らなかったようです。
スカイラインカラーデザインのプロジェクトが始まって間もなく、プロダクト・チーフ・デザインナーから岸さんにあるオーダーがありました。
アルミを使用して新しい雰囲気を出すことができないかというものです。
そこで岸さんは、スカイラインに和モダンを取り入れることを提案しました。
これがアルミに細かいラインを入れて、和紙調にした本アルミフィニッシャーだったのです。
強くラインを入れてしまうと単なる傷に見えてしまうため、ラインの太さや艶の消し方などを繰り返し微調整し、何度も試作を重ねた後に和紙調の本アルミフィニッシャーはようやく完成したそうです。
スカイラインは、この和モダンを採用したことで、岸さんの言う「あたあかみのある空間」になったようです。
この和紙調の本アルミフィニッシャーには、いままでにない新しい質感が感じられます。
2007年の秋に登場する新型スカイラインクーペにも和紙調の本アルミフィニッシャーが採用されるようです。
お近くの日産のお店で、実際に見て手で触れてみてくださいとのことです。