新型スカイライン 情報スクープ NISSAN SKYLINE-HOME
日産自動車から新たなエンジン技術「VVEL」についての発表がありました。
この新技術を採用したエンジンは、2007年の秋に発表を予定しているスカイラインクーペに搭載されることとなります。
VVELとはバルブ作動角・リフト量連続可変システムのことで、「Variable Valve Event&Lift」を略したものです。
日産には連続可変バルブタイミングコントロールのC-VTCというバルブ制御システムがありますが、このシステムとVVELを組み合わせることによって、バルブタイミングとリフト量の制御を自在にすることが可能になったということです。
吸気バルブのリフト量を制御することによるメリットとしては、燃費性能の改善やアクセルレスポンスの向上、トルクの増大、さらに排気ガスのクリーン化などがあるようです。
特に燃費効率に関しては8~10%程度の改善が見込めるということです。
BMWのバルブトロニックやトヨタのバルブマチックも吸入空気量を調整するシステムですが、これらに対し日産の新システムは滑らかな走りとエンジンが高回転になっても作動できる点が優れているようです。
日産自動車は2007年の秋に発表を予定しているスカイラインクーペ用のエンジン「VQ37VHR」にこの新技術を採用し、その後も主として大排気量・多気筒エンジンへ採用していく予定とのことです。
新型スカイラインクーペの発売は今秋ということなので、試乗できるのはまだ先のこととなります。
新型スカイラインクーペの評判なども、もう少しすれば耳にするようになると思いますが。
そこで現行モデルユーザーの方が、スカイラインクーペをどのように評価しているのかを調べてみました。
もちろん新型スカイラインクーペではエンジンやボディサイズの変更などが施されるため、操作性や乗り心地にも変わってくるでしょうが、参考のためとりまとめてみました。
スカイラインクーペに対する評価は、この車に実用性を求めるか走行性を求めるか、どちらに重きを置くかによって大きく異なるようです。
まず、総合的にみて多くのユーザーが評価していたのはスカイラインクーペのスタイリングと走行性能です。
昔から独特のスタイルが人気のスカイラインですが、現在もスカイラインクーペのスタイリングにベタ惚れの方は相当多いようです。
スカイラインクーペの走行性能については長距離でも楽に運転できるという意見や、高速運転で追い越し時の加速が良いという意見が比較的多いです。
スカイラインクーペは高速走行になると突如としてコーナー安定性と直進安定性が増すという意見もありました。
スカイラインクーペの燃費についてはユーザーによって幅がありますが、リッター7~8kmといったところです。
この値については「思ったより燃費が良い」という意見と「燃費が悪すぎる」という意見でユーザーにより大きく評価が別れました。
しかし、高速走行時の燃費については高く評価するユーザーもいて、リッター13km前後は走るとのことでした。
スカイラインクーペであまり高い評価が得られなかったのは、ラゲッジスペースの狭さです。
また、高速走行時での室内音やドアの重量感について、不満を持つユーザーが多いように感じられました。
新型スカイラインクーペの購入を考えている方は、特に現行モデルで評価の低かった点が改善されているか等を確認してみてはいかがでしょうか。
新型スカイラインクーペの車内インテリアはインフィニティブランドにふさわしい高級感溢れたものになっています。
新型スカイラインクーペのインテリアで主な特徴としては、ドライバーとパッセンジャーを包み込むようなイメージを与えるダッシュパネルやセンターコンソールに設置されたアナログ時計。
そして和紙をイメージした独特の風合いを持つアルミパネルなどがあります。
新型スカイラインクーペのインパネまわりは基本的にセダンと共通で、アルミフィニッシャー部分はビバンガ(アフリカンローズウッド)の木目仕様もオプション設定されるようです。
前席優先的なクーペであるため、セダンよりもドライビングポジションは低めで、センターコンソールは相対的に高い位置を占めています。
また、左右の座席は独立したコックピット感覚を演出するものになっています。
新型スカイラインクーペのシートについては標準でも8ウェイ、スポーツグレードでは14ウェイの調整機構を備えているため、ハードなドライビングにも対応しています。
新型スカイラインクーペのオーディオ関係については、11スピーカーのボーズ社製プレミアムオーディオが用意されるようです。
ステアリングホイールにはオーディオをはじめ各種操作系が機能的に配置されていて、グリップ部分は人手によって2度縫いが施された本革製となっています。
新型スカイラインクーペが2007年の秋、モデルチェンジを受けて登場します。
新型スカイラインクーペは先代のV35型のイメージを継承しつつ、より一層ダイナミックなスタイリングとなっています。
新型スカイラインクーペの米国名はインフィニティG37クーペですが、その名の示すとおりエンジン排気量は従来の3.5リッターから3.7リッターに拡大されています。
新型スカイラインクーペに搭載されるエンジンは、最高出力330PS、最大トルク37.3kgmの3.7リッターV6DOHCのVQ37VHR型です。
VQ35HRをベースにパーツを新設計したこのエンジンは、ボア×ストロークが95.5mm×86.0mmで、VQ35HR型からストロークが4.6mm延長されています。
また、新型スカイラインクーペに搭載されるVQ37VHR型エンジンには、吸気側に油圧式連続可変バルブタイミング機構と電動連続可変バルブリフト機構を組み合わせた「VVEL」と呼ばれる可変バルブ・イベント&リフト機構が採用されています。
新型スカイラインクーペのトランスミッションは、マニュアル・モードを備えた5A/Tと6M/Tが設定されています。
5A/TにはDSモードと走行状況に応じてギアシフトのモードを調整するアダプティブ・シフト・コントロールを採用し、マグネシウム製のパドルシフトも設定しています。
新型スカイラインクーペのボディサイズは全長4650mm、全幅1824mm、全高1392mmで、G35クーペと比較すると20mm長く、10mm幅が広くなっています。
ホイールベースについては、2850mmで新型G35セダンや現行クーペと同一となっています。
新型スカイラインクーペのサスペンションについては、フロントがダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンクを採用し、標準で前後スタビライザーを装備しています。
ブレーキは全車4輪ベンチレーテッド・ディスクが標準で、標準モデルにはスポーツ・ブレーキが備わっています。
上級モデルでは更に強化されて、フロントには14インチ・ディスク+アルミ製4ピストン・キャリバー、リアには13.8インチ・ディスク+2ピストン・キャリバーが装備されます。
新型スカイラインクーペのタイヤとホイールは、225/50VR18タイヤと18インチ・アルミホイールが標準となります。
新型スカイラインクーペの安全面については、乗員センサーとデュアルステージ・エアバッグ、サイド・エアバッグ、カーテンエアバッグを組み合わせたアドバンスド・エアバッグ・システムが装備されます。
また、衝撃吸収ステアリング・コラムや前席アクティブ・ヘッドレスト等が全車に標準装備されます。
新型スカイラインクーペの気になる価格は400万円~450万円という設定になるようですが、詳しい価格がわかるのは8月後半から9月頃になりそうです。
ディーラーさんで、ある程度見積もりができるのはもう少し先になりそうなので、新型スカイラインクーペの購入を考えている方は下取り車の査定価格等をある程度調べておくといいですね。
下取り車の査定は販売ディーラーだけではなく、その他買取店等の査定も受けて相場にあった適正な査定額をしっかりと把握しておきましょう。
自動車を購入する際の販売側との交渉では、こういった情報をできるだけ把握しておくことが大切ですからね。
インターネット上でも査定を行っているサイトがありますから、まずは気軽にネット上で査定してみてはいかがでしょうか。
スカイライン生誕50周年を記念したイベントで、2007年の秋に発売予定となっている新型スカイラインクーペが国内初披露となりました。
新型スカイラインクーペは4月に米国で開催されたニューヨーク国際オートショーにて、米国名インフィニティG37クーペとしてお披露目されたものです。
ちなみに、新型スカイラインクーペが日本よりも米国でひと足先に発表されるのは、現在インフィニティGシリーズが日本よりも米国で多く売れる人気車種となっている背景からとのことです。
新型スカイラインクーペには最高出力が約330PSの新開発3.7リッターV6エンジン「VQ37VHR」が搭載されます。
セダンに搭載されるVQ35HRがベースになっていますが、そこにはエンジンのバルブの作動角とリフト量を連続的に可変制御する「VVEL」と呼ばれる新しいメカニズムが採用されています。
新型スカイラインクーペは、プラットフォームとシャシーも大幅に見直されていて、4輪アルミキャリバー対向ピストンブレーキや4輪アクティブステアを一部のグレードで設定しています。
新型スカイライン(G37クーペ)のボディサイズは全長4650mm、全幅1824mm、全高1392mmで、G35クーペより全長と全幅がわずかに大きくなった程度ですが、スタイリング自体は一新されたイメージがあります。
G35クーペが登場したとき、そのスタイリングの美しさで人気を得ましたが、新型スカイラインクーペの洗練されたスタイルは、それを更に上回っているのではないでしょうか。
北米市場におけるインフィニティG37クーペの発売は今年の8月、日本でのスカイラインクーペの登場は今秋予定のようです。
| 1 | 2 | next >>