トヨタ プリウス情報のブログ記事

トヨタ プリウスが「21世紀に間に合いました」というキャッチコピーでデビューしたのは1997年のことでした。
トヨタのハイブリッドカー、プリウスのデビューは世界中に大きな驚きを与えました。
トヨタ プリウスが誕生した当時、ガソリンと電気の両方を動力としたハイブリッドの実現は、まだ先のことだろうというのが自動車業界での見解でした。
トヨタ プリウスが世界中に与えた衝撃は、ハイブリッドの実現だけではなく、215万円という驚くべき低価格であったことにもありました。
プリウスが登場したことによってトヨタは技術力を高めたことはもちろん、保守的なイメージを払拭しチャレンジ精神溢れる自動車メーカーと認識されるようになりました。
その後環境への対応を経営の最重要課題のひとつとして位置づけたトヨタは、ハイブリッド車を着々と生産していくこととなりました。
そしてトヨタは、2007年5月末におけるハイブリッド車の累計販売台数が100万台を突破するという快挙を成し得たのです。
しかしプリウスが登場した当初は新技術と燃費に対する高い経済性が期待され、価格面についてはむしろ高い評価を得ていましたが、最近では同クラスの車と比較すると車両価格が高く、その価格差を燃費で相殺するのは困難であるという理由から購入をためらう方が多いのも事実のようです。
またハイブリッドカーの存在は今でこそ珍しいものではなくなりましたが、その一方では燃費はもちろん環境面からみても優れたハイブリッドカーに対する意識は益々高まってきています。
次期プリウスとして、以前ジュネーブショーで登場したハイブリッドXが話題になったことがありましたが、残念ながら特に次期プリウスとの関連は明言されていませんでした。
しかし2005年12月に「2008年末に市場投入するハイブリッド車・3代目プリウスに、次世代電池とされるリチウムイオン電池を搭載する方針を固めた」とトヨタ自動車は既に発表しています。
(その後、3代目プリウスへのリチウムイオン電池の搭載は断念との報道あったため、2008年の発表が実現するかどうかは微妙ですが)
ハイブリッドカーの先駆けとして登場したプリウスが、更なる進化を遂げて登場する日は近づいています。

トヨタ プリウスが世界初の量産ハイブリッドカーとして誕生したのは1997年の10月でした。
トヨタ プリウス発表当初の10・15モード燃費はリッター28kmというもので、当時のガソリンエンジン車としては驚異的なものでありました。
その後プリウスはマイナーチェンジを重ねて、最大の魅力である燃費性能を徐々に向上していきました。
2代目プリウスが登場したのは2003年9月で、近未来的ともいえる5ドアハッチバックスタイルを取り入れ、よりカジュアルでスポーティなハイブリッドカーにイメージを変えました。
また2代目プリウスには、エコとパワーをともに進化させるハイブリッド・シナジー・ドライブをコンセプトとして開発された新しいシステム(THS Ⅱ)が搭載されました。
これによって、トヨタプリウスは世界最高レベルとなるリッター35.5kmという低燃費を実現するとともに、走行面においての魅力も大きく向上しました。
2005年11月に行われたマイナーチェンジでは、足回りの改良や静粛性の向上、各種装備の充実化などが図られました。
更に前後のデザインを変更することで、プリウスは先進イメージをより強く打ち出しました。
初代プリウスがデビューしてから10年経ちますが、この間にハイブリッドは異様なスピードで進化しています。
プリウス登場時、ハイブリッドシステムは電気自動車や燃料電池車といった究極のエコカーが実現化するまでの「つなぎ役」的な技術との見方がありました。
しかし、最近では欧米の自動車メーカーもハイブリッドカーの開発を急ピッチで進めており、この10年間で大きく様相が変わってきています。
当面はトヨタ プリウスをはじめとしたハイブリッドシステム搭載車が、エコカーの主役を担っていきそうです。