次期プリウスについてのブログ記事

以前より2008年中に次期プリウスがデビューするとの情報がありましたが多少先送りにされており、発表時期は2009年の春になりそうです。
具体的には2009年の4月と予想されていますが、新型プリウスのデザインなども少しずつ見られるようになりました。
新型プリウスは現行モデルと同様に、基本的には5ドアハッチバック形状のボディが採用されるとのことです。
新型プリウスの画像(予想デザイン?)を見る限りでは、これまで以上の未来的なデザインになりそうです。
ボディサイズは全長が4540mm、全幅が1750mm、全高が1440mmで、ホイールベースは2700mm程度になると予想されています。
プリウスといえば、以前リチウムイオンバッテリーの搭載が検討されていましたが、結果的にはこれまでと同様にニッケル水素電池を使うことに決定したようです。
ちなみに新型プリウスではバッテリーの容量を大きくすることによって、これまで以上にモーター走行領域が拡大されるということです。
また、これまで1.5リッターだったエンジンを新型プリウスでは1.8リッターに拡大し、エンジン単体でのパワーは76PSから100PS程度へとアップするそうです。
なお新型プリウスの価格については今のところ、標準グレードが約210万円、上級グレードが約240万円と予想されています。

  

プリウスをベースにしたプラグインハイブリッドカーをトヨタが発表しました。
次期プリウスについては搭載されるバッテリー等、これまでも様々な話題があがっていましたが、今回トヨタが発表したハイブリッドカーは自宅で充電できる優れものです。
また次期プリウスに、このプラグインハイブリッドが搭載される可能性も非常に高いということです。
次期プリウスが第一号となる可能性の高い、このプラグインハイブリッドカーとは、家庭用の電源からバッテリーに充電できるハイブリッドカーのことで、短距離を電気だけで走行し、長距離は従来のハイブリッドカーと同様にエンジンとモーターを併用して走行するものです。
今回トヨタが開発したプラグインハイブリッドカーは、ご存知のとおりプリウスがベースとなっていますが、バッテリーと昇圧コンバーター(入力電圧よりも高い電圧で出力を得るための回路)を2倍となる2個ずつ搭載しており、電気のみで走行できる距離と速度が強化されているそうです。
EV走行可能距離は13km(10・15モード走行)、EV走行可能最高速度は100km/hとなっており、プリウスのEVモードでは3km、最高速度が55km/hであるため、その進化は相当なものです。
充電に必要な時間は家庭用の100ボルト電源で3~4時間、200ボルトの電源であれば1~1.5時間で充電が完了するそうです。
このプラグインハイブリッドが、いったいどの車で市販化されるのかが最も気になるところですが、試作車をプリウスベースとしていることから、トヨタハイブリッドカーの象徴とも言えるプリウスが第一号となる可能性が高いと一部では予想されています。
ただし2008年に予定されている次期プリウスのフルモデルチェンジには間に合わないことから、更に2~3年後のマイナーチェンジ時にプラグインハイブリッドのプリウスが登場するのではないかとのことです。

次期プリウスの登場に関しては、まだはっきりとした発表がありませんが、最近になってようやくトヨタ新型プリウスのモデルチェンジの中身が見えはじめてきたようです。
次期プリウスに搭載されるといわれていたリチウムイオン電池についてはやはり断念したようで、従来と同様のニッケル水素電池が搭載されることになりそうです。
ただし注目すべきは多結晶シリコンを用いた太陽電池ルーフで、太陽が出ていればいつでも充電できるという新装備が搭載されます。
プリウスに搭載されるこのシリコン系太陽電池は、現在主流となっている発電効率が優れた太陽電池で、より低コスト化を図るため安価な半導体基板である多結晶シリコン基板を用いて開発されたものだそうです。
次期プリウスに搭載されるエンジンは2ZR-FXE型1.8Lで、現行プリウスよりも排気量がアップするようです。
トヨタ プリウスについて特に気になるのは燃費性能ですが、排気量アップで動力性能を強化しながらも、10・15モード燃費はついに驚異のリッター40kmを達成するとのことです。
またエンジン単体での最高出力と最大トルクは、それぞれ107PS、14.4kgmを発揮するようです。
トヨタ プリウスの運動性能については若干物足りなさを感じていたユーザーもいると思いますが、次期プリウスは0~100km/hの加速も9.6秒ということで走りの楽しさもアップするのではないでしょうか。
次期プリウスは全長4435mm、全幅1745mm、全高1470mmというボディサイズ(予想)ながら、最小回転半径は5.2mを実現するということです。