スズキ パレットは質感の高いスタイルも魅力

スズキ パレットのエクステリアは、ボクシーなフォルムが最大の特徴。
そこに大きなくさび型のヘッドライトを装備することによって、質感の高いスタイルを実現し、まるで軽自動車とは思えないほどの存在感を醸し出しています。
ボディサイドには8ライトウィンドウを採用することで、広い視界を確保するとともに、伸びやかで美しいサイドフォルムを形成しています。
スズキ パレットのエクステリアには落ち着いた印象を持った標準仕様と、光輝タイプのディスチャージヘッドランプやウインカー内蔵ドアミラー、フォグランプなどを装備したスポーツ仕様の2種類が用意されるようです。
標準仕様は2本タイプのグリルバー、ハロゲンタイプのヘッドライトが特徴的です。
またスポーツ仕様はメッキ1本タイプのグリルバーとなり、バンパーやサイドシルの下部にアンダースカートを装備。
スペースユーティリティを重視した車であるにもかかわらず、ボクシーでありながら張りのある曲面を用いてエモーショナルなエクステリアデザインにまとめられたスズキ パレット。
パレットは子供といる時間を大切にしたいファミリーや、仲間と一緒に楽しみたい若者をターゲットとした新しい軽自動車です。