スズキ パレットが東京モーターショーに登場

スズキ パレットは、スズキ版のタントと表現されているように、その魅力はスペース効率を重視した室内です。
それにしてもスズキ パレットという新型車が2007年中に発売されるとの情報は、今年の夏頃まで全く知らなかった状況でした。
単に気付かなかっただけなのか、それともスズキが事前に情報を公開するのを控えていたのか。
いずれにしてもスズキ パレットの登場で、これまでタントが一人で歩んできた分野に大きな注目が集まるのではないかと思われます。
東京モーターショーでのスズキブースの最大の見どころと言われているパレットですが、その完成度はすぐにでも市販できるほどの仕上がりだそうです。
モーターショーに出展されるスズキ パレットは、すでに画像等で確認できるように、ボクシーといった表現がぴったりの、まさに箱型のフォルムで室内スペースを最大限に確保したモデルです。
特徴的なのは、キリッと引き締まったマスクとガラス面積を大きく確保したキャビン。
すでに公開されている内装についても、その完成度は市販車レベルとのことです。
スズキ パレットの最大のポイントとなるリヤドアの両側電動スライドに対し、タントも左側ピラーレスのスライドドアを装備。
パレットとタントのバトルは発売前から既に繰り広げられているようです。