スズキ パレット最新情報のブログ記事

スズキ パレットは、スズキ版のタントと表現されているように、その魅力はスペース効率を重視した室内です。
それにしてもスズキ パレットという新型車が2007年中に発売されるとの情報は、今年の夏頃まで全く知らなかった状況でした。
単に気付かなかっただけなのか、それともスズキが事前に情報を公開するのを控えていたのか。
いずれにしてもスズキ パレットの登場で、これまでタントが一人で歩んできた分野に大きな注目が集まるのではないかと思われます。
東京モーターショーでのスズキブースの最大の見どころと言われているパレットですが、その完成度はすぐにでも市販できるほどの仕上がりだそうです。
モーターショーに出展されるスズキ パレットは、すでに画像等で確認できるように、ボクシーといった表現がぴったりの、まさに箱型のフォルムで室内スペースを最大限に確保したモデルです。
特徴的なのは、キリッと引き締まったマスクとガラス面積を大きく確保したキャビン。
すでに公開されている内装についても、その完成度は市販車レベルとのことです。
スズキ パレットの最大のポイントとなるリヤドアの両側電動スライドに対し、タントも左側ピラーレスのスライドドアを装備。
パレットとタントのバトルは発売前から既に繰り広げられているようです。
スズキ パレットの情報が最近になってようやく公開されはじめてきました。
10月初旬頃から東京モーターショー関連でスズキ パレットの画像等を目にするようになりましたが、なるほどタントを強く意識したと思われる車です。
もともと他メーカーの後追い的な車を発売しない印象のあるスズキだったのですが、パレットに関しては真っ向から勝負を挑むという姿勢がうかがえます。
スズキ パレットはスタイルこそタントに似通ったものとなっていますが、曲面を用いたデザインで差別化を図っているようです。
もちろん低床プラットフォームによるフラットフロアの広い室内スペースを確保し、両側パワースライドドアを採用するなど、タントとはまた違った使い勝手の良さを高めています。
スズキ パレットは低床フラットフロアのおかげで軽自動車とは思えないほどの広いスペースを確保し、その室内は大人が4人ゆったりとくつろげるほどだそうです。
ラゲッジルームについても大開口部を持っており、また後席には分割式のダイブダウンシートを採用していることから、十分な荷物が積めるスペースを確保できるとのことです。
タントのライバル車となるスズキ パレットのデビューは2008年1月と予想されています。