トヨタノア値引きの中身について

トヨタ新型ノアが2007年の6月末にフルモデルチェンジで登場します。
新型ノアの購入を考えている方はもちろん、新車を購入する際に値引き交渉をするのは、今や常識となっています。
まったく同じ商品を購入するにもかかわらず、交渉次第では10万円以上も購入金額に差が出ることもあります。
トヨタノアの値引き額の幅は地域や時期によって大きく変動することがありますが、だからといって値引き交渉をしない手はありません。
トヨタノアを購入する際に値引きを前提として予算を組めば、ワンランク上の車種を視野に入れることも可能となります。
車購入時の値引きにあたって、最も基本となるのは車両本体価格からの値引きです。
もちろん、車種、グレード、購入地域、購入時期やタイミングによって変わりますが、車両本体価格から10%の値引きがあればまずまずではないでしょうか。
(トヨタノアに関しては、ネット上で調べた限りでも10%を超える値引きが見受けられます。)
また、車両本体価格以外にディーラーオプション(付属品)からの値引きも可能です。
車両本体からの値引き交渉が限界と感じた場合は、トヨタノアのオプション・付属品サービスを要求してみましょう。
車両本体はメーカーからの仕入れとなりますが、ディーラーオプションは別の仕入れとなるため、交渉次第で無料サービスまたは20%程度の値引きは可能となります。
ディーラーにてローンを利用する場合は、ローンの金利も交渉によって引き下げることが可能です。
ローン期間が長いと金利分も含めた総支払い額に大きな差が生じるため、頭金が少ない方には非常に有効だと思います。
トヨタ新型ノアなどの新車を購入する場合は、絶対に即決しないことです。
一般的にトヨタノアのような新車は注文すれば必ず購入することができるので、焦る必要はありません。
まずは、ゆっくりと検討して値引きの交渉ポイントをしっかりと抑えることが大切です。