新型ノア最新情報のブログ記事

トヨタノアがフルモデルチェンジで2007年6月末に登場しますが、現行モデルユーザーの評価も気になるところではないでしょうか。
そこでトヨタノアに関する掲示板や口コミサイトから、主に乗り心地、デザイン、操作性、燃費などについて情報を集めてみました。
まずトヨタノアの乗り心地については、室内空間の広さに満足されている方が比較的多いようです。
スノーボードのような大きな荷物を積むにあたっては、広い室内とあわせて電動スライドドアを評価する声もあります。
また、随所にある収納スペースに対する評価も高いです。収納スペースについては、トヨタ新型ノアもかなり充実しているようです。
多くのユーザーが、荷物を載せることが多い人や遠出をすることが多い人にノアの購入をお勧めしていることから、居住性の高さがうかがえます。
トヨタノアの外見に対する満足度も高いようですが、ノアユーザーとしてみれば当然の評価のようにも感じられます。
トヨタノアの燃費については、ユーザーにより多少の差がありますが、一般道(街路含む)ではリッター8~10km、高速ではリッター12~13km程度のようです。
この数値については、満足という声がある一方で不満とする声もあり、大きく評価が分かれています。
トヨタノアは車高が高いことから、急カーブなどで左右に振られる感があることや、登坂能力にやや不満を感じているという評価もあります。
トヨタノアに関しては、多少の不満を感じつつも総合的には満足と評価しているユーザーが少なくありません。
トヨタノアは、この価格帯の車としては非常に優秀との評価も見受けられます。
トヨタ新型ノアが2007年の6月末にフルモデルチェンジで登場します。
新型ノアの購入を考えている方はもちろん、新車を購入する際に値引き交渉をするのは、今や常識となっています。
まったく同じ商品を購入するにもかかわらず、交渉次第では10万円以上も購入金額に差が出ることもあります。
トヨタノアの値引き額の幅は地域や時期によって大きく変動することがありますが、だからといって値引き交渉をしない手はありません。
トヨタノアを購入する際に値引きを前提として予算を組めば、ワンランク上の車種を視野に入れることも可能となります。
車購入時の値引きにあたって、最も基本となるのは車両本体価格からの値引きです。
もちろん、車種、グレード、購入地域、購入時期やタイミングによって変わりますが、車両本体価格から10%の値引きがあればまずまずではないでしょうか。
(トヨタノアに関しては、ネット上で調べた限りでも10%を超える値引きが見受けられます。)
また、車両本体価格以外にディーラーオプション(付属品)からの値引きも可能です。
車両本体からの値引き交渉が限界と感じた場合は、トヨタノアのオプション・付属品サービスを要求してみましょう。
車両本体はメーカーからの仕入れとなりますが、ディーラーオプションは別の仕入れとなるため、交渉次第で無料サービスまたは20%程度の値引きは可能となります。
ディーラーにてローンを利用する場合は、ローンの金利も交渉によって引き下げることが可能です。
ローン期間が長いと金利分も含めた総支払い額に大きな差が生じるため、頭金が少ない方には非常に有効だと思います。
トヨタ新型ノアなどの新車を購入する場合は、絶対に即決しないことです。
一般的にトヨタノアのような新車は注文すれば必ず購入することができるので、焦る必要はありません。
まずは、ゆっくりと検討して値引きの交渉ポイントをしっかりと抑えることが大切です。
トヨタノアの目標値引き額を達成するためにも、基本的な値引き交渉のポイントを抑えておく必要があります。
トヨタノアに限ったことではないですが、交渉時期,ライバル車との競合,ディーラーのリストアップ,車買取査定(下取り車の査定)などが値引きのポイントとしてあげられます。
■値引き交渉にベストな時期
値引きの交渉にベストな時期は、年度末決算期の2~3月、夏のボーナス時期の6~7月、中間決算期の9月、年末商戦および冬のボーナス時期の12月などがあり、一般的に値引き額が大きくなる傾向にあります。
このうち最も新車が売れて値引き額も大きくなるのが2~3月の年度末決算期ですが、ボーナス時期でも自動車メーカーや販売店が販売目標を達成するためにキャンペーンなどを展開するため、値引き額が大きくなることもあります。
トヨタ新型ノアの発売は6月末ということなので、ちょうどボーナス時期にあたります。ただし、モデルチェンジ直後の新型車などは値引きが渋いこともあります。
■ライバル車との競合
トヨタノアを含むこのクラスのミニバンは大変競争が激しく、他の自動車メーカーにも売れ筋の車種が控えています。
このため、トヨタノアのライバル車を設定し競合させることで値引き額の拡大が期待できます。
■ディーラーのリストアップ
トヨタノアを購入するにあたり、実際に商談するディーラーをできる限り多くリストアップしておくことも大切です。
複数のディーラーと商談することによって、ノルマ達成が厳しいディーラーや営業マンに出会う確率も高くなります。
■車買取査定(下取り車の査定)
下取り車を少しでも高く売ることでトヨタノアを安く買えることになります。
下取りの際は、ディーラーのみの査定ではなく車買取店の査定を受けて、相場に合った適正な査定額を把握しておくべきです。
ネット上で車買取査定を行ってくれるサイトも多数あるので、是非利用してみてはいかがでしょうか。
トヨタノアが、いよいよフルモデルチェンジで登場します。
新型ノアは今回のモデルチェンジでインテリアデザインが一新されるようです。
室内にはレイヤーデザインと呼ばれるデザイン手法が採用され、立体的な造形となっているのが特徴的です。
メーターについては現行モデルと同様にセンターメーターが採用されることとなりそうです。
シフトレバーはゲート式へと変更されて、より使いやすさが向上するものと思われます。
また、オプティトロンメーター、プッシュスタートシステムなどといった装備も充実しています。
トヨタ新型ノアに搭載されるエンジンは4気筒2リッターが用意され、注目すべきはエアロタイプに搭載される新開発の「バルブマチック」を採用したエンジンです。
BMWのバルブトロニックのように、吸入空気量を調整する機能を持っており、環境にやさしくこれまで以上に低燃費が期待できるエンジンです。
室内関係については、まず収納スペースが多く、インパネ、ドアまわりだけで18箇所も備え付けられているそうです。
さらにリアのラゲッジは、床下にゴルフバッグを横にして収納できるほどのスペースがあります。
新型ノアは従来から好評だったシートアレンジも進化しており、特にセカンドシートはベンチタイプ(ワンタッチタンブル仕様)と中央シートを跳ね上げて左右シートを回転対面できるタイプがあります。
どちらのタイプも3人掛けですが、回転対面タイプは中央のシートをテーブルとして使うことができます。
ベンチタイプはシートをワンタッチでスペースアップできるため、サードシートへのウォークスルーが可能となっています。