スクエアスタイルのムーヴ コンテ登場

ダイハツからスクエアスタイルのハイトワゴン「ムーヴ コンテ」が登場します。
曲線フォルムのムーヴ、丸みのある柔らかなスタイルのラテ、そして今回登場するムーヴ コンテは室内の広さを感じさせる四角いフォルムが特徴です。
ムーヴ コンテのエクステリアはシンプルそのもので、これまでのムーヴとは一線を画したデザイン。
ダイハツ側としては、曲線的なデザインよりもボクシーなスタイルを求めるユーザーがいることや、四角いデザインだった旧型ムーヴからの乗り換えユーザーを考慮しているようです。
予想ボディサイズは全長3395mm、全幅1475mm、全高1645mmで、全長と全幅はオリジナルのムーヴと同様ですが、全高については15mm高くなっています。
また室内高も現行モデルから40mm拡大された1350mmとなるようです。
一方で、室内長はムーヴに比べて110mm短い2000mmとなり、前後席間の距離も110mm短いサイズ(ムーヴ:1065mm、ムーヴ コンテ:955mm)となるようです。
このように、サイズにのみ視点を当てた比較をすると、ムーヴ コンテの居住性に対する期待が薄くなりそうですが、コンテはあくまでも前席の居住性を優先したパッケージングとなっています。
スクエアスタイルのムーヴ コンテは、フロントウインドウの傾斜が少ないため、圧迫感がなく視界も良好となります。
また、上級グレードにはメーカーオプションで、軽自動車では唯一となる運転席パワーエントリーシートが用意されるなど、前席重視の設計が施されているようです。
シンプルなディテールと個性的なパッケージングで登場するムーヴ コンテ。
デビュー日は2008年8月下旬が予定されています。