ムーヴ コンテのメカニズム

ムーヴ コンテに搭載されるエンジンですが、標準タイプとカスタム(グレードX)については直3DOHCが設定されるようです。
基本的にオリジナル ムーヴがベースとなるそうで、最高出力は58PS、最大トルクは6.6kgmを発揮します。
またカスタムRSについてはムーヴカスタムRSと同じ直3DOHCターボが搭載され、こちらは最高出力64PS、最大トルク10.5kgmを発揮します。
トランスミッションは標準タイプの上級グレードとカスタムにはCVTが設定され、ベーシックグレードには4ATが設定されるそうです。
ちなみにNA+CVT車(2WD)の10・15モード燃費は23km/hで、ムーヴの高い経済性は保たれているようです。
ムーヴはこれまでも比較的高い静粛性を誇っていましたが、ムーヴ コンテでは更に静粛性対策の向上が図られています。
例えば、Aピラーやドアミラーの形状を見直すことによる風切音の低減化や、CAE(コンピューターでの仮想試作を実現する技術手法)を活用しロードノイズの低減化を図るなど、様々な工夫が施されているようです。
その他、安全装備については、ダイハツ独自の衝突安全性ボディ「TAF(Total Advanced Function)」の採用や、運転席・助手席SRSエアバッグは全車に標準装備となるようです。