ランドクルーザーがフルモデルチェンジで登場

ランドクルーザー200のデビュー日が2007年9月18日になるようです。
トヨタ ランドクルーザーは日本国内だけでなく海外でも高い評価を得ている4WDですが、フルモデルチェンジで登場する新型ランドクルーザーは高い基本性能はそのままに、より快適な車となって登場するようです。
ランドクルーザー100からランドクルーザー200へとサブネームが変更されて登場する新型ランクルですが、スタイリングについては現行モデルとさほど変わらない印象です。
長い歴史とブランド力を持つランドクルーザーだけに、ひと目でランクルとわかるスタイルをキープしたということでしょうか。
ただしフォルムに関しては細かな進化が着実に見えており、車内をより広く確保するためにキャビンを前方に出し、前後フェンダーのふくらみをボディへと溶け込ませるなど各部のデザインが洗練され、表情豊かなものとなっています。
ランドクルーザー200の全長は4950mmで、現行モデルよりも60mm伸ばされています。
またホイールベースについては現行モデルと同様のようですが、キャビンを前に出したことで居住空間は拡大されたようです。
フロントから見たランクル200のスタイリングは、全幅1970mmの存在感あるボディに逆台形のメッキグリルと大型のヘッドランプで堂々とした押し出しの強さが感じられます。