ランドクルーザー200いよいよ発売

ランドクルーザーが2007年9月18日にいよいよ発売となりました。
ランドクルーザーの10年ぶりのフルモデルチェンジとあって、ランドクルーザー200に関する話題は大きな盛り上がりを見せたようです。
ランドクルーザーは今では世界中から「キング・オブ・4WD」と評価されていますが、旧型のランドクルーザー100からは力強さに加えて高級感までも手に入れ、シリーズ累計の世界生産台数は約520万台!
ランドクルーザー200の開発コンセプトは大きく3点あり、「基本性能の向上」、「オフロードにおける性能向上のための新技術の導入」、「先進装備・快適装備の充実」ということです。
フルモデルチェンジとは言えエクステリアについてはランクル100から大きな変更が見られないという印象でしたが、実は大型化されたフロントマスクやシャープな形状のヘッドライト、一体感のある前後フェンダーなどランクルらしさを残しながらも新たなテイストに仕上げられています。
ランドクルーザー200で大幅な改良が見られたのはエンジンで、ランドクルーザー100に搭載されていた4.7リッターのV8をVVT-i化することで、最高出力288PS、最大トルク45.7kgmを発揮するほどの進化を遂げました。
またパワーアップの向上を図ったにもかかわらず、10・15モード燃費をわずかながらでもアップ(リッター6.6km)させたのもお見事でした。
その他ランドクルーザー100から進化した点は、室内のゆとり感。
ランドクルーザー200はランクル100に比べて室内長が130mm長くなったことで、ニースペースは2列目が35mm長く、3列目が45mm長くなり、高級感溢れるインテリアとともに居心地の良い室内空間が実現されました。
ランドクルーザー200のグレードは2タイプというシンプルな構成で、価格は標準グレードのAXが470万円、上級グレードのGセレクションが540万円ということです。
旧型ランクルに比べると価格の面でもかなり進化(想像以上の値段でした)を見せたランドクルーザー200ですが、果たして価格以上の満足感と評価を得られることになるか今後に期待です。