ランドクルーザー200の内装・装備

ランドクルーザーは歴代のモデルについても質の高さが感じられるインテリアと装備を備えてきましたが、ランクル200も当然その伝統を継承しているようです。
ランドクルーザー200の各操作系のレイアウトは現行モデルを受け継ぎ、存在感のあるインパネは質感やディティールを洗練し機能性の向上も図られています。
ランクル200のダッシュの造形は直線を基調としたデザインとなっており、広がりを感じさせるとともにオフロードにおける車両の傾きをドライバーが感知しやすいという機能性も兼ねているようです。
ランドクルーザー200の車内装備・インテリアは、いかにも最新のランクルらしい質感を醸し出したものとなっています。
センタークラスター両側に配置された金属調ホールドバーには、オフロードでのハードな走行に備えて乗員が膝を預けるニーパッドがセットされています。
また金属調の加飾はステアリングやシフトゲート、ドアグリップなどインテリアの随所に施され、トヨタらしい質感が表現されているとともにランクル200の力強さを演出しています。
ランクル200のステアリングはベーシックグレードであっても本革巻き、上級グレードでは本革巻き+木目調となるようです。
オーディオ関係については標準でも9スピーカーが搭載され、ナビについてはメーカオプションのG-BOOK ALPHA対応の30GBのHDDが設定されるそうです。