新型ランドクルーザー 情報スクープ TOYOTA LANDCRUISER-HOME
ランドクルーザーが2007年9月18日にいよいよ発売となりました。
ランドクルーザーの10年ぶりのフルモデルチェンジとあって、ランドクルーザー200に関する話題は大きな盛り上がりを見せたようです。
ランドクルーザーは今では世界中から「キング・オブ・4WD」と評価されていますが、旧型のランドクルーザー100からは力強さに加えて高級感までも手に入れ、シリーズ累計の世界生産台数は約520万台!
ランドクルーザー200の開発コンセプトは大きく3点あり、「基本性能の向上」、「オフロードにおける性能向上のための新技術の導入」、「先進装備・快適装備の充実」ということです。
フルモデルチェンジとは言えエクステリアについてはランクル100から大きな変更が見られないという印象でしたが、実は大型化されたフロントマスクやシャープな形状のヘッドライト、一体感のある前後フェンダーなどランクルらしさを残しながらも新たなテイストに仕上げられています。
ランドクルーザー200で大幅な改良が見られたのはエンジンで、ランドクルーザー100に搭載されていた4.7リッターのV8をVVT-i化することで、最高出力288PS、最大トルク45.7kgmを発揮するほどの進化を遂げました。
またパワーアップの向上を図ったにもかかわらず、10・15モード燃費をわずかながらでもアップ(リッター6.6km)させたのもお見事でした。
その他ランドクルーザー100から進化した点は、室内のゆとり感。
ランドクルーザー200はランクル100に比べて室内長が130mm長くなったことで、ニースペースは2列目が35mm長く、3列目が45mm長くなり、高級感溢れるインテリアとともに居心地の良い室内空間が実現されました。
ランドクルーザー200のグレードは2タイプというシンプルな構成で、価格は標準グレードのAXが470万円、上級グレードのGセレクションが540万円ということです。
旧型ランクルに比べると価格の面でもかなり進化(想像以上の値段でした)を見せたランドクルーザー200ですが、果たして価格以上の満足感と評価を得られることになるか今後に期待です。
ランドクルーザー200の価格は450万円~500万円程度と予想されていましたが、いよいよランクル200の具体的な価格と画像を掲載しているサイトが出てきました。
その某サイトで掲載されていたランドクルーザー200の価格は5,643,000円。
ちなみに車両価格といった表示ではなく希望落札価格であったため、実際の価格かどうかは不明です。
ランドクルーザー200の正確な価格については情報が入手でき次第、すぐに掲載しようと思っています。
いずれにしてもランドクルーザー200の価格は予想どおり高額になりそうですが、ランクルは人気車種であるためユーザーは防犯に気をつけなければならないようです。
ご存知のとおりランドクルーザーは世界中で人気が高いため持ち去り率の高いクルマという、あまり嬉しくない勲章が与えられています。
合鍵やレッカーによる駐車場からの持ち去りなど、その手口はプロによるものが多いということです。
このためランドクルーザー200には従来のイモビライザーのみでなく、傾斜センサーや侵入センサーなど高度なセキュリティを標準装備して防犯性能を高めているようです。
傾斜センサーではレッカーによる持ち去りに備え、侵入センサーでは正規のスマートキー以外での車内侵入に警報を発するものとなっており、またガラス破りにも反応するそうです。
ランドクルーザー200には、このような先進のセキュリティシステムが搭載されています。
なお、ランドクルーザーに関しては今回発売されるランクル200に限らず、中古車のランクルもかなり高値が付いているようです。
ランクル中古車の中には、新車の価格を明らかに上回っているような車両もあり、ランドクルーザ人気ははかりしれないものがあります。
ランクル専門店やランクル専門パーツ店も多く、またランクル買取を中心としている車買取店も多々あるようです。
ランドクルーザー200も発売を間近に控え高い注目を集めていますが、ランドクルーザー200の登場によりランクル中古車市場に値崩れは起こるのでしょうか。
ランドクルーザーは歴代のモデルについても質の高さが感じられるインテリアと装備を備えてきましたが、ランクル200も当然その伝統を継承しているようです。
ランドクルーザー200の各操作系のレイアウトは現行モデルを受け継ぎ、存在感のあるインパネは質感やディティールを洗練し機能性の向上も図られています。
ランクル200のダッシュの造形は直線を基調としたデザインとなっており、広がりを感じさせるとともにオフロードにおける車両の傾きをドライバーが感知しやすいという機能性も兼ねているようです。
ランドクルーザー200の車内装備・インテリアは、いかにも最新のランクルらしい質感を醸し出したものとなっています。
センタークラスター両側に配置された金属調ホールドバーには、オフロードでのハードな走行に備えて乗員が膝を預けるニーパッドがセットされています。
また金属調の加飾はステアリングやシフトゲート、ドアグリップなどインテリアの随所に施され、トヨタらしい質感が表現されているとともにランクル200の力強さを演出しています。
ランクル200のステアリングはベーシックグレードであっても本革巻き、上級グレードでは本革巻き+木目調となるようです。
オーディオ関係については標準でも9スピーカーが搭載され、ナビについてはメーカオプションのG-BOOK ALPHA対応の30GBのHDDが設定されるそうです。
ランドクルーザーはオフロードだけでなくオンロードにおける快適性も視野に入れてこれまで進化してきました。
ランドクルーザー200もオンロード・オフロード双方の走行性能を両立したものとなっているようです。
ランクル200のエンジンは現行モデルと同じく4.7リッターのV8が搭載されるということですが、連続可変バルブタイミング機構VVT-iが新たに採用されます。
これによって現行モデルに比べて50PSもパワーがアップするとともに、燃費についてもわずかながら改善されたそうです。
ランドクルーザー200のエンジンに組み合わせれる5速ATにはシーケンシャルシフトマチックを搭載しており、MT感覚でスポーティな走りにも対応するということです。
その他、ランクル200は油圧でスタビライザーの特性を変化させる日本初の最先端サスペンション制御システムKDSSの導入や、マルチテレインABS、アクティブTRCなども装備されます。
また岩場や急な坂などの走行時に超低速を保ち、ハンドルの操作に集中できるクロールコントロールも装備されるようです。
ランドクルーザー200には、あらゆる路面状況であっても安全・快適に走行できるよう、陸の王者にふさわしいタフな新装備が満載です。
ランドクルーザー200は高級サルーンを思わせる上質感とミニバン並みの使い勝手の良さを兼ね備えているようです。
ランクル200の3列シートレイアウトは現行モデルと同様ですが、各席ともに居住性を向上させているということです。
ランドクルーザー200の前席は腰回りをしっかりサポートしつつ、揺れ動く車内でのステアリングやシフト操作に対応するよう上体に余裕を持たせた形状となっています。
ランクル200は現行モデルに比べて全長が60mm延長されただけですが、車内空間はゆとりの広さを実現しているようです。
1列目と2列目の座席間は現行モデルから35mm拡大しており、105mmのシートスライドも備えています。
また2列目と3列目の座席間距離も45mm拡大しており、乗車人数や積載荷物の量に応じて自在に使うことができそうです。
ランドクルーザー200の2列目シートはワンタッチでタンブル状態にでき、簡単に3列目にアクセス可能となっています。
更に3列目シートはミニバンに見られるようなチップアップ式で簡単に跳ね上げることができ、ベルトを必要とせずに固定されるようになっています。
その他ランクル200のポケッテリア関係については、A4サイズが収納可能なドアポケットや前席背後のシートバックポケット、中央席シートバックのカップホルダー、テールゲートの収納スペースなど充実した装備となっています。
| 1 | 2 | next >>