新型イスト詳細情報のブログ記事

トヨタ イストのフルモデルチェンジに伴いトヨタモデリスタインターナショナルが、新型イスト用のカスタムパーツ「モデリスタバージョン」を2007年7月30日に発売しました。
新型イスト用カスタムパーツの開発コンセプトは「端正なる都会派」というものです。
バンパー面から下部へと続く硬質な垂直面と、フロントから水平に両サイドへ向けた鋭いラインとのコントラスト。
無機質で都会的な表情は塊感と低く構えたフォルムを強調し、スタイリングはよりダイナミックなものとなっています。
新型イスト用カスタムパーツの価格は、フロントスポイラー(アンダープロテクター付き)、サイドスカート、リヤスカートがセットになった塗装済みの「モデリスタ・エアロキット」が13万9650円。
その他フロントスポイラーが5万7750円、サイドスカートが5万5650円、リヤスカートが4万2000円(いずれも塗装済)となっています。
また17インチアルミホイール&タイヤセット、ローダウンスプリング、スポーツマフラー、インテリアパネルセットも用意されています。
なお新型イスト用カスタマイズアイテムは、全国のネッツ店およびトヨタモデリスタ東京・神戸・レインボーモール店での販売となるようです(最新の価格については販売元サイトをご覧になってください)。
トヨタ イストの新型モデルはボディサイズが拡大され、存在感は更にアップして登場します。
現行モデルのトヨタ イストも力強いボディスタイルを特徴としていますが、その独特のフォルムを支持するファンは多く、男女問わず幅広い層に受け入れられているコンパクトカーです。
とはいえトヨタ イストは2002年5月にデビューしてから既に5年が経過しており、当時は斬新に思われたデザインも、現在では少々古さが感じられるようになったという声も聞こえています。
新型イストについては発売直前ということもあって、詳細な情報も出はじめてきましたが、今回のフルモデルチェンジで最も注目すべきはボディサイズの拡大でしょう。
現行モデルのイストは全長3855mm、全幅1695mmという5ナンバーサイズのボディでしたが、新型イストのボディは3ナンバーサイズへと拡大されるようです。
ちなみに新型イストの全長は現行モデルより75mm長い3930mmで、全幅は30mm広い1725mmとなります。
また全高は現行モデルの1530mmから若干低い1525mmとなり、よりスタイリッシュなイメージが協調され、コンパクトカーの中でもワンランク上の存在感を醸し出しています。
新型イストは排気量も拡大され、現行イストは1.3リッターと1.5リッターでしたが、新型では1.5リッターと1.8リッターとなるようです。
トランスミッションは1.8リッター車が4速のAT、1.5リッター車はスーパーCVT-iで4WDは1.5リッター車に設定されるそうです。
スタイリッシュ感とゆとりある走りを兼ね備え、フルモデルチェンジで登場する新型イストは、この夏最も期待される車となるでしょう。