新型イスト 情報スクープ TOYOTA ist-HOME
トヨタ イストのフルモデルチェンジに伴いトヨタモデリスタインターナショナルが、新型イスト用のカスタムパーツ「モデリスタバージョン」を2007年7月30日に発売しました。
新型イスト用カスタムパーツの開発コンセプトは「端正なる都会派」というものです。
バンパー面から下部へと続く硬質な垂直面と、フロントから水平に両サイドへ向けた鋭いラインとのコントラスト。
無機質で都会的な表情は塊感と低く構えたフォルムを強調し、スタイリングはよりダイナミックなものとなっています。
新型イスト用カスタムパーツの価格は、フロントスポイラー(アンダープロテクター付き)、サイドスカート、リヤスカートがセットになった塗装済みの「モデリスタ・エアロキット」が13万9650円。
その他フロントスポイラーが5万7750円、サイドスカートが5万5650円、リヤスカートが4万2000円(いずれも塗装済)となっています。
また17インチアルミホイール&タイヤセット、ローダウンスプリング、スポーツマフラー、インテリアパネルセットも用意されています。
なお新型イスト用カスタマイズアイテムは、全国のネッツ店およびトヨタモデリスタ東京・神戸・レインボーモール店での販売となるようです(最新の価格については販売元サイトをご覧になってください)。
トヨタ イストの新型モデルはボディサイズが拡大され、存在感は更にアップして登場します。
現行モデルのトヨタ イストも力強いボディスタイルを特徴としていますが、その独特のフォルムを支持するファンは多く、男女問わず幅広い層に受け入れられているコンパクトカーです。
とはいえトヨタ イストは2002年5月にデビューしてから既に5年が経過しており、当時は斬新に思われたデザインも、現在では少々古さが感じられるようになったという声も聞こえています。
新型イストについては発売直前ということもあって、詳細な情報も出はじめてきましたが、今回のフルモデルチェンジで最も注目すべきはボディサイズの拡大でしょう。
現行モデルのイストは全長3855mm、全幅1695mmという5ナンバーサイズのボディでしたが、新型イストのボディは3ナンバーサイズへと拡大されるようです。
ちなみに新型イストの全長は現行モデルより75mm長い3930mmで、全幅は30mm広い1725mmとなります。
また全高は現行モデルの1530mmから若干低い1525mmとなり、よりスタイリッシュなイメージが協調され、コンパクトカーの中でもワンランク上の存在感を醸し出しています。
新型イストは排気量も拡大され、現行イストは1.3リッターと1.5リッターでしたが、新型では1.5リッターと1.8リッターとなるようです。
トランスミッションは1.8リッター車が4速のAT、1.5リッター車はスーパーCVT-iで4WDは1.5リッター車に設定されるそうです。
スタイリッシュ感とゆとりある走りを兼ね備え、フルモデルチェンジで登場する新型イストは、この夏最も期待される車となるでしょう。
トヨタ イストは2002年5月に若者をターゲットとした新感覚の2BOXとして登場しました。
トヨタ イストの特徴といえば個性的なルックス、そしてSUVテイストのアクティブ感と上質感を融合させたスタイルで多くのファンから支持を得てきました。。
コンパクトサイズながらも大人4人が快適に過ごせる車内居住空間を実現しており、インテリアにも斬新なアイデアを取り入れ、安っぽさを感じさせない高級感を演出しているのも大きな魅力です。
トヨタ イストのメーターは、視線移動の小さく視認性の良いセンターメーターが採用されているのも特徴でしょう。
駆動方式についてはFFの他に、1.5L車にはフレックスフルタイム4WDも用意されており、欧州車にも匹敵する走りを備えています。
トヨタイストの安全装置にはSRSエアバッグやABS、ブレーキアシスト等の他、一部のグレードには夜間における視認性を高めるディスチャージヘッドランプが標準装備となっています。
また2005年5月にはマイナーチェンジを行っており、ネッツ店専売車種として発売されています。
更に、2005年10月には特別仕様車のLエディション・HIDセレクションⅢを発表しています。
トヨタ イストがフルモデルチェンジを受けて間もなく登場します。
コンパクトカーでありながら、女性のみならず男性にも高い人気を誇るトヨタイストには、いったいどのような魅力が詰まっているのでしょうか。
そこで現行モデルユーザーのイストに対する評価を探ってみました。
トヨタ イストのユーザーの多くが高く評価している点は、まず車両のデザインで、購入理由として「デザインが気に入ったから」との意見が多く見られました。
トヨタ イストの燃費についても高い評価が目立っており、ユーザーにより若干幅があるものの、街乗りで13km~14km、高速で14km~16kmといったところでした。
走行性については、運転しやすく安定感があるという評価が比較的多かったように感じます。
また、トヨタ イストの車内の広さ,車内の静かさといった居住性を高く評価するユーザーも多いようです。
新型イストはフルモデルチェンジによりワンランクアップを遂げることとなりますが、現行モデルのイストに対して既に他のコンパクトカーよりワンランク上の印象を持つユーザーも見受けられました。
例えば、「トヨタ イストはコンパクトクラスに位置付けるにはもったいない。ひとつ上のクラスに位置付けてもいい車だ。」「トヨタ イストの内装は、コンパクトクラスにしては高級感とスポーティ感が感じられる。」「トヨタ イストはセダンやSUVと並べても萎縮することのないほどの存在感がある。」等。
現行モデルのユーザーの多くは走行性、操作性、居住性を総合的に高く評価していますが、中でもトヨタ イストのデザインに魅力を感じているという意見は、ほとんどのユーザーに共通して見られました。
トヨタ イストがフルモデルチェンジを図り、力強さを身に付けて登場することとなりました。
新型イストのエクステリアは、コンパクトカーにあってワンランク上の存在感を醸し出しています。
全長4mを切るコンパクトサイズでありながら、1.7mを越える全幅のワイドボディーは、安全性・居住性を向上させているようです。
また、新型イストの足元は現行モデルの15インチから16インチへと拡大され、スポーティな印象を与えています。
室内インテリアもエクステリアと同様、非常に個性的なものとなっていて、滑らかな曲線が美しいセンタークラスターやレーダーをイメージしたデザインのコンセントリックメーターからは、新型イストのプレミアム性を十分に感じとることができます。
トヨタ新型イストは快適装備も充実しており、花粉除去モード付きのオートエアコンやオプティトロンメーター、オーディオは6スピーカーが標準装備される。
ランクアップを遂げた新型イストに搭載されるエンジンは、現行モデルの1.3Lと1.5Lに変わり、1.5Lと1.8Lのラインナップとなるようです。
1.8LはデュアルVVT-iを備え、10・15モード燃費15.4km/Lを実現するそうです。また、スーパーCVT-iを採用する1.5Lの2WDは、リッター18kmの低燃費を誇るということです。
なおトヨタ新型イストには、SRSサイドエアバッグとSRSカーテンシールドエアバッグが標準装備され、安全装置の面においてもプレミアム性を感じさせています。
| 1 | 2 | next >>