レクサスIS-Fのメカニズムについて

レクサスIS-Fに搭載される5リッターV8エンジン「2UR-GSE」は、LS600hの「2UR-FSE」エンジンをベースに開発されたものです。
各部にわたってチューニングが施されたこのエンジンは、高回転化を実現するためカムシャフトハウジングとシリンダーヘッドを一体化して強度を持たせ、インテークバルブは軽量化のためチタン製に変更されています。
またレクサスIS-F専用として2つの外気吸気口を備えたデュアルインテークシステムが採用されるほか、インテークポート形状の見直しやバルブリフト量の拡大などにより吸入効率を高めています。
更に排気干渉を低減するため新設計となるセミデュアル構造のエキゾーストマニホールドを採用し、排気管のパイプを全体にわたって大口径化したことにより排気ガスの流れをスムーズにしてエンジン性能を向上させているようです。
その結果レクサスIS-Fは最高出力423PS、最大トルク51.5kgmというパワーを得ることになりました。
その他レクサスIS-Fは、高G旋回中におけるオイルの滞留を避けるためシリンダーヘッドに専用ポンプを設置。
燃料タンクについても燃料安定供給を助ける専用サブタンクを採用し、スポーツ走行による過度な油温上昇を防ぐためオイルフィルターブラケットには水冷式オイルクーラーが装備されるようです。
レクサスIS-Fの燃費は10・15モード燃費でリッター8.2km、また安全性能とともに高いレベルを求められる環境性能については「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得しています。