レクサスIS-F 情報スクープ LEXUS IS-F-HOME
レクサスが自動車サービス満足度調査で非常に高い評価を得ました。
この調査はCS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワーアジア・パシフィックが実施したもので、2007年の調査においてレクサスは初登場第1位を獲得しました。
調査の内容は正規販売店のアフターサービス(整備・修理等)に対する乗用車(軽自動車を除く)ユーザーの満足度を測定し指標化したもので、今年で6回目の調査となるそうです。
調査対象者は新車購入後13~18ヶ月が経過した国産車および輸入車ブランドの乗用車保有ユーザーで、2007年7月~8月の実施期間中で5359人から回答を得たものです。
評価の視点となるのは販売店のアフターサービスに関する総合的な満足度ということで、5つのファクターにより構成されています。
具体的には「サービス担当者」「サービス料金・時間」「サービスクオリティ」「入庫時対応」「サービス受入体制」といった項目に対する顧客の評価をもとに満足度のスコアを算出しているそうです。
2007年の業界平均スコアは昨年と同レベル(102ポイント)だったようですが、国産ブランド・輸入車ブランド別にみると国産車は昨年と同じ102ポイントであったのに対し、輸入車は昨年と比べて2ポイント上昇した103ポイントとなりました。
そしてブランド別ランキングでは、ランキング対象の11ブランドの中で今年始めてランキングの対象となったレクサスが第1位となりました。
レクサスに対して特に評価が高かったのは「入庫時対応」で、その中でも待合室に対して評価をする方が多かったようです。
ちなみにレクサスの総合満足度スコアは業界平均スコアを23ポイント上回る125ポイントで、第2位のメルセデス・ベンツ(108ポイント)に大きく差をつけたという結果でした。
今回は調査開始以来、初めて輸入車のスコアが国産車を上回ったそうですが、ここ最近の国産車の人気低迷の中レクサスがこのような高い評価を得たのは非常に価値のあることだと思います。
レクサスが車自体のクオリティだけでなく、サービスのクオリティも高いブランドだということが認められた調査結果でした。
レクサスIS-Fに搭載される5リッターV8エンジン「2UR-GSE」は、LS600hの「2UR-FSE」エンジンをベースに開発されたものです。
各部にわたってチューニングが施されたこのエンジンは、高回転化を実現するためカムシャフトハウジングとシリンダーヘッドを一体化して強度を持たせ、インテークバルブは軽量化のためチタン製に変更されています。
またレクサスIS-F専用として2つの外気吸気口を備えたデュアルインテークシステムが採用されるほか、インテークポート形状の見直しやバルブリフト量の拡大などにより吸入効率を高めています。
更に排気干渉を低減するため新設計となるセミデュアル構造のエキゾーストマニホールドを採用し、排気管のパイプを全体にわたって大口径化したことにより排気ガスの流れをスムーズにしてエンジン性能を向上させているようです。
その結果レクサスIS-Fは最高出力423PS、最大トルク51.5kgmというパワーを得ることになりました。
その他レクサスIS-Fは、高G旋回中におけるオイルの滞留を避けるためシリンダーヘッドに専用ポンプを設置。
燃料タンクについても燃料安定供給を助ける専用サブタンクを採用し、スポーツ走行による過度な油温上昇を防ぐためオイルフィルターブラケットには水冷式オイルクーラーが装備されるようです。
レクサスIS-Fの燃費は10・15モード燃費でリッター8.2km、また安全性能とともに高いレベルを求められる環境性能については「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得しています。
レクサスIS-Fの「F」は、今後レクサスのスポーツモデルの象徴として与えられるネーミングとなるようです。
ご存知の方も多いと思いますが、この「F」はレクサスIS-Fの開発の場であった、富士スピードウェイやトヨタ・レクサスのテストコースがある東富士研究所を意味しているとのことです。
レクサスIS-Fの開発の狙いは、一般道からサーキットまで走行可能なスポーツセダン。
レーシングドライバーのように特別な技術を持つ者だけが操れるのではなく、一般のドライバーも楽しめることがレクサスIS-Fのコンセプトでもあるようです。
レクサスIS-Fのエクステリアは、パッと見では普通のセダンにしか見えない印象があります。
しかし標準のISと比較すると、高性能パワーを秘めた迫力のあるスタイルだということがわかります。
5リッターV8エンジンを収めるボンネットは力強さを印象付ける盛り上がりを見せ、太い大径タイヤを覆うフェンダーはどっしりと張り出し、また数多くのエアロを装着しているにもかかわらず後付け感のないスタイリングが特徴です。
フォグランプ横には標準ISの開口面積を大きく上回る専用のブレーキエアダクトが設けれら、これによりブレーキ冷却性能を確保しているそうです。
更にリヤに回れば楕円形の4連エキゾーストがエアロ形状のバンパー下部からのぞいており、レクサスIS-Fが特別なISであることをエクステリアからも窺い知ることができます。
レクサスIS-Fについては、かねてから様々な情報が飛び交っていましたが、いよいよレクサスISの高性能バージョンとなる「F」の国内デビューが10月4日に決定したようです。
レクサスIS-Fは東京モーターショーへ出展されるということもあって、最近では特に頻出しているようです。
レクサスIS-Fは世界中のサーキットで鍛え上げられたとのことですが、心臓部となるエンジンはLS600hのエンジンをベースにした5リッターV8が搭載されるということです。
レクサスIS-Fのスペック等については、まだ正確な値が得られていませんが、最高出力は400PS以上と噂されています。
スポーツセダンとして入念にチューニングされたレクサスIS-Fは、高出力のエンジンだけでなくトランスミッションも専用となるようです。
LS460の8速ATをベースに開発したというIS-F専用の「8速スポーツダイレクトシフト」は、トルクコンバーター式のATをベースにマニュアルモードを備えたものとなっています。
ギアはLSと同様に8段式となっており、更に専用のロックアップ機構(2速以上の全段)や冷却システムは新開発のものとなります。
これによってレクサスIS-Fはシフトアップの変速時間を0.1秒とし、安定した作動が実現されるようです。
世界のサーキットを走り鍛え上げたレクサスIS-Fの足回りはブレンボ製のブレーキや19インチアルミ鍛造ホイールを装着し、またVDIMにも安全性を確保しつつ車両の性能を最大限に引き出すスポーツモードが設定されるとのことです。
| 1 |