新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOPのトップ
新車情報スクープ!関連サイト新着情報
  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    スカイライン クロスオーバー (July 5, 2009)

    スカイライン クロスオーバーが間もなくデビューします。 予定では7月22日。 現在、スカイライン クロスオーバーの公式サイトには、具体的な発表日の記載はありません。 そのかわり、「皆既日食ニュース」と...⇒続きはこちら

  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    ホンダS2000生産終了キャンペーン (June 26, 2009)

    ホンダがS2000の最終モデルをプレゼント。 そんなキャンペーンを実施しています。 このキャンペーンは、S2000の生産終了を記念したものだそうです。 プレゼント対象となる車両のタイプは、S2000(...⇒続きはこちら

  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    新型プリウス 納期は5ヶ月待ち? (May 18, 2009)

    新型プリウスが、いよいよ本日発表となりました。 今年に入ってから注目度は一気に高まった感じがしますが、既に数年前から次期プリウスの登場を待ち望む声は大きかったと思います。 先日、ホンダから新型インサイ...⇒続きはこちら

  • 新型ティアナ情報スクープ NISSAN TEANA

    よりラグジュアリーに進化する新型ティアナ (September 25, 2008)

    2008年6月2日の発表を間近に控え、新型ティアナの詳細な情報が見えてくるようになりました。新型ティアナの姿が明らかになるとともに、これまで入手していた情報と若干異なる点が出てきました。まずは新型ティ...⇒続きはこちら

  • 新型ティアナ情報スクープ NISSAN TEANA

    新型ティアナが2008年6月デビュー (September 25, 2008)

    新型ティアナの発表時期について、これまで2008年の5月頃と予想されていましたが、どうやら6月となるようです(最新情報では6月2日と予想されています)。既に日産のWEBページでは新型ティアナの情報を公...⇒続きはこちら

日産ノートがマイナーチェンジを図り、年明け早々の2008年1月9日に登場します。
2005年にデビューして以来、根強い人気を得ていたノートですが、今回のマイナーチェンジでは主にエクステリア、インテリアの見直しが施されています。
新型ノートのエクステリアについては現行モデルの可愛らしい印象から、若干ワイルドな路線へとイメージチェンジを図っています。
特にヘッドランプは勇ましさを感じさせるものとなっており、これまでのノートとは明らかに異なる表情へと生まれ変わっています。
またフロントグリルからヘッドランプへの流れによってワイド感を高めるとともに、バンパー形状はスポーティなイメージへと変化したようです。
新型ノートの室内インテリアについては、内装カラーコンビネーションの見直しのほか、シートやドアトリムのクロスに変更が施され、全体的に質感の向上が図られるそうです。
更にメーターデザインが変更されるとともに平均・瞬間燃費計が装備され、スポーツ系には新デザインのホワイトメーターも採用されるとのことです。
新型ノートのメカニズムに関しては、1.5リッター直4DOHCエンジンおよびCVTの改良により、JC08モード(より最近の走行実態に即した測定法)にも対応しているということです。
なお新型ノートの予想エンジンスペックは最高出力109PS、最大トルク15.1kgmとなっています。
スバル新型フォレスターのデビューは、これまで2008年2月頃になるのではないかと言われていましたが、どうやら2007年12月25日に前倒しとなったようです。
新型フォレスターは今回フルモデルチェンジを図って登場することとなりますが、歴代モデルの中で最もSUVらしいスタイリッシュなフォルムとなります。
新型フォレスターのボディサイズは全長4560mm、全幅1780mm、全高1675mmで、現行モデルと比べると全長が約80mm、全幅が約45mm拡大されます。
ボディサイズが若干大きくなるとはいえ全幅は1.8m以下なので、街中でも十分扱いやすいサイズでしょう。
一方、室内空間については確実な広がりを見せており、後席足元のスペースはクラストップの広さを確保しているそうです。
新型フォレスターは使い勝手の面も向上しており、直角近くまで開くリヤドアやアームレストにスライド機構を持たせたマルチファンクションセンターコンソール、後席座面の中央が反転してトレイになるリトラクタブルテーブル等が設定されます。
デザインの狙いが「スーツの似合うSUV」というだけあって、これまでの箱型的なフォルムから力強さと品格を兼ね備えた流麗なスタイルへと変化しています。
新型フォレスターのエンジンは、現行モデルでは姿を消していた2.0リッター水平対向DOHC4気筒ターボが復活し、NA仕様についてはSOHCからDOHCへと変更されます。
ちなみに新型フォレスターのパワーは、NA仕様が最高出力148PS、最大トルク19.5kgmで、ターボが最高出力230PS、最大トルク32.5kgmを発揮します。
なお新型フォレスターの予定価格は199万5000円~281万9250円となっています。
日産フーガがマイナーチェンジを図り、年末に登場します。
新型フーガのデビューはセレナと1日違いの12月20日が予定されています。
今回のマイナーチェンジではフロントバンパーやリヤバンパー等の形状が変更されるようです。
新型フーガの外観は、これまでに比べて立体感を打ち出したフロントマスクと、大型バンパーによりどっしりと落ち着いた印象のあるリヤスタイルが特徴です。
とは言ってもエクステリアに関してはフーガのイメージを大きく変えることはないのですが、それに対してインテリアの質感向上には、かなり力が入っているようです。
新型フーガは基本的なデザインコンセプトこそ現行モデルから離れることはありませんが、タモを用いた本木目パネルや新たにセミアニリン加工の本革シートが設定されなど、高級感溢れるインテリアを表現しています。
その他純銀でアクセントを施したピアノ調パネルなど、随所に渡って質感の向上が見られます。
またV6エンジンについては一新されるとのことで、スカイラインから採用のVQ25HR型、VQ35HR型が搭載されるそうです。
ちなみに最高出力と最大トルクは2.5リッター車が223PS、26.8kgm、3.5リッター車が313PS、36.5kgm、4.5リッター車が333PS、46.0kgmとなっています。
なお新型フーガのラインナップはスポーティさを明確に打ち出すべく、全グレード「GT」系に統一されるようです。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

<< pre | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | next >>
車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】