新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOPのトップ
新車情報スクープ!関連サイト新着情報
  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    スカイライン クロスオーバー (July 5, 2009)

    スカイライン クロスオーバーが間もなくデビューします。 予定では7月22日。 現在、スカイライン クロスオーバーの公式サイトには、具体的な発表日の記載はありません。 そのかわり、「皆既日食ニュース」と...⇒続きはこちら

  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    ホンダS2000生産終了キャンペーン (June 26, 2009)

    ホンダがS2000の最終モデルをプレゼント。 そんなキャンペーンを実施しています。 このキャンペーンは、S2000の生産終了を記念したものだそうです。 プレゼント対象となる車両のタイプは、S2000(...⇒続きはこちら

  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    新型プリウス 納期は5ヶ月待ち? (May 18, 2009)

    新型プリウスが、いよいよ本日発表となりました。 今年に入ってから注目度は一気に高まった感じがしますが、既に数年前から次期プリウスの登場を待ち望む声は大きかったと思います。 先日、ホンダから新型インサイ...⇒続きはこちら

  • 新型ティアナ情報スクープ NISSAN TEANA

    よりラグジュアリーに進化する新型ティアナ (September 25, 2008)

    2008年6月2日の発表を間近に控え、新型ティアナの詳細な情報が見えてくるようになりました。新型ティアナの姿が明らかになるとともに、これまで入手していた情報と若干異なる点が出てきました。まずは新型ティ...⇒続きはこちら

  • 新型ティアナ情報スクープ NISSAN TEANA

    新型ティアナが2008年6月デビュー (September 25, 2008)

    新型ティアナの発表時期について、これまで2008年の5月頃と予想されていましたが、どうやら6月となるようです(最新情報では6月2日と予想されています)。既に日産のWEBページでは新型ティアナの情報を公...⇒続きはこちら

マツダRX-8のマイナーチェンジモデルが2008年東京オートサロンに参考出展され、その後2008年2月上旬に正式発表となるようです。
2003年4月に登場したマツダRX-8は間もなく5年を迎えようとしていますが、今回のマイナーチェンジではエクステリアに大きな変更が施されるようです。
新型RX-8は特にフロント部の変化が大きく、フロントバンパー、ヘッドランプユニット、フロントフェンダーのデザイン変更によって大幅なイメージチェンジを図っています。
現行モデルのフロントマスクは比較的ソフトなイメージがありましたが、これに対し新型RX-8はシャープな印象が強く打ち出されています。
現行モデルと比べて大きな違いが見られるのがフロントバンパー形状と、これまでより若干切れ長になったヘッドランプで、これにより新型RX-8のフロントマスクはかなり鋭利な印象となりました。
またリアバンパー、リアコンビランプのデザインも変更されていますが、こちらはフロント部ほどの大きな変更は施されていないようです。
ただしリアバンパー下部にある整流板の色がこれまでは黒だったのに対し、新型RX-8ではボディと同色となっているためリアの眺めも印象の違ったものになっています。
またインテリアについてはステアリング、センターパネル、シートの形状が変更され、エンジンについてはスペックの変更はありませんがロータリーエンジンの熟成に向けた積極的な技術投入が図られているとのことです。
新型RX-8のボディサイズは全長4435mm、全幅1770mm、全高1340mm、パワーについては最高出力250PS、最大トルク22.0kgmと予想されています。
なお新型RX-8の価格は据え置きか若干高めになるとの予想で、今回のマイナーチェンジとともに新たに設定されるスポーツ志向のグレード「タイプRS」は300万円強と予想されています。
新型アテンザ画像マツダ アテンザの新型モデルについては第62回フランクフルトショーにMAZDA6が出展されたこともあり、早くからそのフォルムを知ることができました。
日本国内では2007年開催の第40回東京モーターショーに出展され、ボディサイズやエンジンなどその全貌が明らかになりました。
マツダ アテンザは今回のモデルチェンジにより、ボディサイズの大型化が図られます。
新型アテンザのラインナップは3タイプ用意されますが、そのうち4ドアセダンと5ドアハッチバック(スポーツ)は同じボディサイズで、全長4735mm、全幅1795mm、全高1440mmとなります。
現行モデルのボディサイズと比べると全長が60mm長く、全幅が15mm広く、全高が10mm高くなっており、これまで以上のゆったりとした室内スペースが実現されたようです。
またスポーツワゴンタイプのボディサイズは更にひとまわり大きく、全長4765mm、全幅1795mm、全高1450mmとなっています。
ちなみにMAZDA6が発表された時点では日本国内仕様の対象はセダンとワゴンのみとの情報がありましたが、ハッチバックも含むすべてのバリエーションが発売されることとなったようです。
新型アテンザのエンジンはこれまでの2.3リッターに代わり、排気量をアップした新開発の2.5リッターエンジンが搭載されるとのことです。
パワーについては最高出力が170PSということで現行モデルの178PSよりもダウンしていますが、最大トルクについては23.0kgmへと向上し、更にレギュラーガソリン仕様としたうえ、燃費性能も向上しているそうです。
その他、新型アテンザには初代モデルから継承した2.0リッターエンジンも用意され、こちらは最高出力150PS、最大トルク18.6kgmで現行モデルと同様のスペックになっています。
なお新型アテンザのデビュー予定日は2008年1月29日で、価格についてはタイプにより若干異なりますが240万円前後と予想されています。
パレット画像スズキから広大な室内スペースを持った軽ハイトワゴンが登場します。
東京モーターショーに出展されて一気に注目を浴びた、スズキ パレットです。
スズキ パレットの特徴を一口で言うと、ロングホイールベース、低床フラットフロアの新プラットホーム上に、広いガラスエリアを持った背高ボディの車。
早くもダイハツ タントとライバル車扱いされていますが、スズキ パレットは両側電動スライドドアを採用しているのがポイントです。
スズキ パレットのエクステリアは、なんといっても曲面を生かした大きなヘッドライトを持つフロントマスクが印象的。
スズキ パレットは箱型になりがちな軽自動車のフォルムを、ボクシーでありながら張りのある曲面でエモーショナルに見せているとのこと。
東京モーターショーで公開されたモデルは、近年の軽自動車では定番のバリエーションとなっている標準タイプとスポーツ仕様の2種類。
そのフォルムからはユーティリティの高さが伝わってくるようです。
圧倒的な開放感を持った大きなガラスエリア、両側電動スライドドアによりクラスを超えた大開口部。
後席にはダイブダウンシートを採用し、フラットなラゲッジを実現しています。
タントの対抗車ということもあって、スズキ パレットの室内は軽ハイトワゴンとしてはトップレベルの居住性と使い勝手を兼ね備えているようです。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

<< pre | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | next >>
車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】