新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOPのトップ
新車情報スクープ!関連サイト新着情報
  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    スカイライン クロスオーバー (July 5, 2009)

    スカイライン クロスオーバーが間もなくデビューします。 予定では7月22日。 現在、スカイライン クロスオーバーの公式サイトには、具体的な発表日の記載はありません。 そのかわり、「皆既日食ニュース」と...⇒続きはこちら

  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    ホンダS2000生産終了キャンペーン (June 26, 2009)

    ホンダがS2000の最終モデルをプレゼント。 そんなキャンペーンを実施しています。 このキャンペーンは、S2000の生産終了を記念したものだそうです。 プレゼント対象となる車両のタイプは、S2000(...⇒続きはこちら

  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    新型プリウス 納期は5ヶ月待ち? (May 18, 2009)

    新型プリウスが、いよいよ本日発表となりました。 今年に入ってから注目度は一気に高まった感じがしますが、既に数年前から次期プリウスの登場を待ち望む声は大きかったと思います。 先日、ホンダから新型インサイ...⇒続きはこちら

  • 新型ティアナ情報スクープ NISSAN TEANA

    よりラグジュアリーに進化する新型ティアナ (September 25, 2008)

    2008年6月2日の発表を間近に控え、新型ティアナの詳細な情報が見えてくるようになりました。新型ティアナの姿が明らかになるとともに、これまで入手していた情報と若干異なる点が出てきました。まずは新型ティ...⇒続きはこちら

  • 新型ティアナ情報スクープ NISSAN TEANA

    新型ティアナが2008年6月デビュー (September 25, 2008)

    新型ティアナの発表時期について、これまで2008年の5月頃と予想されていましたが、どうやら6月となるようです(最新情報では6月2日と予想されています)。既に日産のWEBページでは新型ティアナの情報を公...⇒続きはこちら

ホンダ エアウェイブが2度目のマイナーチェンジを図って2008年4月24日に登場します。
2005年にデビューしたエアウェイブは2007年6月に1度マイナーチェンジを行っていますが、このときは全タイプにフルオート・エアコンディショナーを標準装備するなど、主に装備内容の充実図ったもので、チェンジ内容はそれほど大きなものではありませんでした。
しかし今回のマイナーチェンジではフロントマスクのデザイン改良やエアロ装着モデルの追加など、外観についても大きな変更が施されるようです。
もともとスタイリングについては比較的評判が良かったエアウェイブですが、フロントマスクはよりスタイリッシュなものとなります。
新型エアウェイブにはボンネットからフロントグリルにつながるキャラクターラインが2本入り、これによって従来モデルよりも躍動感のあるマスクとなっています。
また今回のマイナーチェンジに伴い「タイプST」というグレードが追加されるようです。
このタイプSTはよりスポーティなイメージを押し出したもので、ボディと同色の前後ロアスカートをはじめとし、サイドシルガーニッシュ、フォグライトなどが装備されるとのことです。
タイプSTにはその他、ドアミラーウインカー、フロントドア撥水ガラスなどが装備され、オプションでスマートキーシステムの装着も可能となっているようです。
トヨタ タウンエースとライトエースがフルモデルチェンジを図り2008年2月25日に登場します。
今回のモデルチェンジでは主にボディのコンパクト化と、積載能力など商用車としての機能性向上が図られるようです。
新型タウンエースと新型ライトエースのボディはスクエアなスタイルへと一新されますが、これにより優れた取り回し性を実現するとともに、コンパクト化を図ったにもかかわらず積載性も向上しているようです。
車両全体のフォルムとしては、これまでと変わらず商用車のスタイルを強く打ち出していますが、フロント部は精悍なマスクを備えスポーティ色を漂わせるものとなりました。
室内インテリアについてはメーターパネルや操作スイッチなどのデザインおよび配置を変更したほか、シフトレバーをインパネに配置することによって足元を広くするとともに室内の移動性も向上しているとのことです。
なお新型タウンエース・新型ライトエース向けのカスタムパーツが2月25日の発売に合わせてモデリスタから登場するようです。
発売されるカスタムパーツは「Smart Work Gear」をコンセプトとし、「カッコイイ働くクルマ」の演出を目指したものになっているそうです。
また今回発売される新型タウンエースとライトエースは、いずれも企画はダイハツ工業との共同ということです。
開発と生産はダイハツが受け持ち、トヨタはOEM供給を受けるとのことです(OEM:同業他社ブランドの製品を製造すること)。
新型タウンエース・新型ライトエースの価格はバンが150万~175万5000円、トラックが134万5000円~153万5000円となっています。
新型クラウン画像トヨタ新型クラウンの登場は、これまで2008年1月頃と言われていましたが、どうやら2008年2月18日のデビューが有力のようです。
今回フルモデルチェンジで登場する新型クラウンは、東京モーターショーに出展されていたショーカーが市販モデルに限りなく近いということでした。
キープコンセプトという方針もあって、一見すると現行モデルとほとんど見分けがつかないプロポーションなどと言われていますが、実際にはフロントピラーを前に出し、前後のオーバーハングをわずかに伸ばしています。
これによって新型クラウンのボディサイズは、現行モデルに比べて全長が30mm、全幅が15mm拡大されています。
新型クラウンのスタイルは見る人によっては変わり映えのないものと感じるようですが、盛り上がりを見せた逞しいフロントフェンダーや張りのある面で構成されたサイドビューなど、スポーティかつスタイリッシュな質感の高いスタイルとなっています。
スポーティなスタイルとなっても、そこは長い歴史を持つ高級車。新型クラウンの居住性は細やかながらも進化を見せ、インテリアについても念入りに仕立て上げられています。
前席はシートバックを20mm高くすることによって肩周辺のホールド感が向上され、またドライバーの腰を支えるランバーサポートの位置を30mm下げることで腰に対するサポート感もアップしているとのことです。
視覚的な広さも狙ったというインパネには、アスリートはつや消しの黒木目調パネル、ロイヤルはつや消しの茶木目調パネルが装備されます。
なお2008年2月に登場するのはアスリートとロイヤルで、新型のハイブリッドは2008年5月以降の登場となる予定です。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

<< pre | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | next >>
車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】