新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOPのトップ
新車情報スクープ!関連サイト新着情報
  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    スカイライン クロスオーバー (July 5, 2009)

    スカイライン クロスオーバーが間もなくデビューします。 予定では7月22日。 現在、スカイライン クロスオーバーの公式サイトには、具体的な発表日の記載はありません。 そのかわり、「皆既日食ニュース」と...⇒続きはこちら

  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    ホンダS2000生産終了キャンペーン (June 26, 2009)

    ホンダがS2000の最終モデルをプレゼント。 そんなキャンペーンを実施しています。 このキャンペーンは、S2000の生産終了を記念したものだそうです。 プレゼント対象となる車両のタイプは、S2000(...⇒続きはこちら

  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    新型プリウス 納期は5ヶ月待ち? (May 18, 2009)

    新型プリウスが、いよいよ本日発表となりました。 今年に入ってから注目度は一気に高まった感じがしますが、既に数年前から次期プリウスの登場を待ち望む声は大きかったと思います。 先日、ホンダから新型インサイ...⇒続きはこちら

  • 新型ティアナ情報スクープ NISSAN TEANA

    よりラグジュアリーに進化する新型ティアナ (September 25, 2008)

    2008年6月2日の発表を間近に控え、新型ティアナの詳細な情報が見えてくるようになりました。新型ティアナの姿が明らかになるとともに、これまで入手していた情報と若干異なる点が出てきました。まずは新型ティ...⇒続きはこちら

  • 新型ティアナ情報スクープ NISSAN TEANA

    新型ティアナが2008年6月デビュー (September 25, 2008)

    新型ティアナの発表時期について、これまで2008年の5月頃と予想されていましたが、どうやら6月となるようです(最新情報では6月2日と予想されています)。既に日産のWEBページでは新型ティアナの情報を公...⇒続きはこちら

だいぶ前から2008年中にフレンディの後継車が登場するという情報がありましたが、いよいよその正体が明らかになりました。
車名についても変更されるのではないかとのことでしたが、マツダから登場するこの新型車の名前は「ビアンテ」だそうです。
画像の方もぼちぼち見られるようになり、そのスタイルを目にした人も多いかと思いますが、特徴的なのは何といってもフロントマスクです。
他のミニバンとは明らかに一線を画すビアンテの個性的なフロントマスクは、好き嫌いがはっきりと分かれるのでは?と思われるほど異彩を放っています。
数多く存在するミニバンの中にあってビアンテのフォルムはかなりスポーティな印象ですが、ミニバン界には他メーカーにも強力なライバル車が多いため、外観の差別化を図るという狙いがあったのかもしれません。
また、ビアンテの特徴は見た目的なものだけでなく、室内空間の広さも売りとなるようです。
ボディサイズは全長4715mm、全幅1770mm、全高1835mm(全高は車種により若干異なるようです)、そして室内の寸法については室内長2990mm、室内幅1545mm、室内高が1350mmとなっています。
注目したいのが室内寸法で、よく引き合いに出されるトヨタ ノアやヴォクシーに比べ、室内長と室内幅はビアンテの方が上回っていることがわかります。
なおビアンテに搭載されるエンジンは2.0リッターと2.3リッターの2種類が用意され、パワー面に関しては2.0リッターエンジンが最高出力151PS、最大トルク19.4kgm、2.3リッターエンジンが最高出力165PS、最大トルク21.4kgmを発揮するようです。
燃費性能については2.0リッター車が12.8km/L、2.3リッター車が11.6km/L(いずれも10・15モード燃費)で、予想価格は220万円~265万円程度となっています。
マツダの中型トールサイズミニバン「ビアンテ」が、いよいよ2008年7月8日に登場します。
エクシーガ画像2007年の東京モーターシャーに出展されていたエクシーガ コンセプトの市販モデル「スバル エクシーガ」が6月17日にデビューします。
既にティザーサイトも公開され、6月4日からはテレビCMも放映されるようです。
2007年の東京モーターショーではGT-Rが最大の目玉となっていましたが、その他にも熱い注目を集めている車が何台かあったように感じます。
その中の1台がエクシーガ コンセプトでした。
スバル初のミニバンが、はたして市販化されるのかどうか等、何かと話題になっていました。
ところで、エクシーガの画像を見たところ、ショーモデルのデザインを残しつつも、若干まろやかになった印象があります。
イメージが大きく異なるわけではありませんが、モーターショーで見た赤いエクシーガ コンセプトはもっとアグレッシブだったように感じます。
そこはショーカーということで多少加飾ぎみになっていたでしょうが、デザインを現実的にした結果レガシィを彷彿させるスタイルになったような気もします。
とはいえ、エクシーガのボディサイズは全長4740mm、全幅1755mm、全高1660mmで、レガシィよりもひと回り大きくなっています。
エクシーガのエンジンは、水平対向4気筒の2LターボとNAが用意され、ターボ車は最高出力225PS、最大トルク33.2kgmで、NA車は最高出力148PS、最大トルク19.5kgmを発揮するようです(エンジンのスペックは、エクシーガの情報が出始めた当初と若干変わっています)。
長年スバルからミニバンが登場するという噂がありましたが、いよいよエクシーガが2008年6月17日にデビューします。
※上の画像は2007年開催の東京モーターショーに出展されたエクシーガ コンセプトです。
インティマ画像日産ティアナがモデルチェンジを図り、2008年6月2日に登場します。
ティアナといえばモダンなリビングの感覚を表現したハイセンスなインテリアが特徴ですが、新型ティアナは「おもてなし」の空間をテーマに、室内スペースは更に洗練されたものとなるようです。
新型ティアナは2007年に開催された東京モーターショー出展車「インティマ」がベースとなっており、そのスタイリングは早くから目にすることができました。
力強さを感じさせるフロントマスク、そしてルーフからリアへと流れる美しいラインは、モダンリビング・コンセプトにふさわしいものです。
新型ティアナのボディは全長4850mm、全幅1795mm、全高1475mmで、現行モデルに比べてひと回り大きいサイズとなるようです。
また搭載されるエンジンは2.5リッターと3.5リッターが用意され、パワースペックは2.5リッター車が最高出力185PS、最大トルク23.7kgm、3.5リッター車が最高出力252PS、最大トルク34.2kgmとなっています。
日産のホームページでは既に新型ティアナの情報が公開されており、インテリアや走行性、グレード/バリエーションの詳細を確認することができます。
ティアナといえば、やはりその快適性が注目されるところですが、公式サイトではスタイリッシュガラスルーフ、新開発の3層構造シート、助手席パワーオットマン機構が紹介されています。
また走行性能については、プラットフォームやエンジンに関する解説の他、室内の静粛性を取り上げています。
新型ティアナは構造上必要となる穴を最小限までふさぐとともに適所に遮音材を配置しており、これにより室内への騒音の侵入を大幅にカットしているそうです。
更には侵入した騒音も吸音材によって抑えているため、高い静粛性を実現しているとのことです。
※上の画像は2007年開催の東京モーターショーに出展されたインティマ(新型ティアナのベースとなっている車)です。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

<< pre | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | next >>
車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】