新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOPのトップ
新車情報スクープ!関連サイト新着情報
  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    スカイライン クロスオーバー (July 5, 2009)

    スカイライン クロスオーバーが間もなくデビューします。 予定では7月22日。 現在、スカイライン クロスオーバーの公式サイトには、具体的な発表日の記載はありません。 そのかわり、「皆既日食ニュース」と...⇒続きはこちら

  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    ホンダS2000生産終了キャンペーン (June 26, 2009)

    ホンダがS2000の最終モデルをプレゼント。 そんなキャンペーンを実施しています。 このキャンペーンは、S2000の生産終了を記念したものだそうです。 プレゼント対象となる車両のタイプは、S2000(...⇒続きはこちら

  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    新型プリウス 納期は5ヶ月待ち? (May 18, 2009)

    新型プリウスが、いよいよ本日発表となりました。 今年に入ってから注目度は一気に高まった感じがしますが、既に数年前から次期プリウスの登場を待ち望む声は大きかったと思います。 先日、ホンダから新型インサイ...⇒続きはこちら

  • 新型ティアナ情報スクープ NISSAN TEANA

    よりラグジュアリーに進化する新型ティアナ (September 25, 2008)

    2008年6月2日の発表を間近に控え、新型ティアナの詳細な情報が見えてくるようになりました。新型ティアナの姿が明らかになるとともに、これまで入手していた情報と若干異なる点が出てきました。まずは新型ティ...⇒続きはこちら

  • 新型ティアナ情報スクープ NISSAN TEANA

    新型ティアナが2008年6月デビュー (September 25, 2008)

    新型ティアナの発表時期について、これまで2008年の5月頃と予想されていましたが、どうやら6月となるようです(最新情報では6月2日と予想されています)。既に日産のWEBページでは新型ティアナの情報を公...⇒続きはこちら

斬新なスタイリングが特徴的な日産ムラーノがモデルチェンジを受けて登場します。
ムラーノといえば、もともと北米市場をターゲットとした車であったため、その個性的なエクステリアデザインが、ここ日本では大きな話題になりました。
日本への導入当初、ムラーノの大胆なフォルムが果たして受け入れられるかどうか懸念される声もあったようですが、モデル末期に近い昨年でも7000台以上の販売台数を記録するほどの売れ行きを見せています。
今回のモデルチェンジは基本的に現行モデルのコンセプトを継承しつつ、より質感の向上が図られているようです。
多くの人が注目しているのは、なんといってもエクステリアデザイン。
現行ムラーノが張りのある曲面で構成されているのに対し、新型ムラーノは随所に直線的なラインを取り入れシャープな印象を醸し出しています。
傾斜の増したウインドウ、よりボリューム感を強調したフェンダー、綺麗な曲面を描くボンネットなど、新型ムラーノのエクステリアは実にスタイリッシュかつ大胆。
また新型ムラーノのボディサイズは、全長4825mm、全幅1895mm、全高1700mm(サンルーフ付きは1730mm)で、現行モデルよりもひと回り大きくなっています。
(現行モデルに対し、全長55mm、全幅15mm、全高15mmそれぞれサイズアップ)
搭載されるエンジンは、現行モデルと同様3.5リッターV6と2.5リッター直4で、トランスミッションは新世代エクストロニックCVTが採用されるようです。
最高出力と最大トルクについては3.5リッター車が260PS、34.3kgm、2.5リッター車が170PS、25.0kgmとなっており、いずれも現行モデルからパワーアップが図られています。
なお、新型ムラーノのデビュー日は2008年9月29日、価格は3.5リッター車が400万円程度、2.5リッター車が340万円程度と予想されています。
お待ちかねの新型ワゴンRが、いよいよ2008年9月25日に登場します。
幅広い層から支持を得ているベストセラーカーのスズキ ワゴンRですが、4代目へのモデルチェンジを間近に控えた現在も、軽自動車では圧倒的な販売台数を誇っています。
相変わらずの売れ行きを見せている人気車だけに、今回のモデルチェンジは基本的にキープコンセプト。
さすがに大幅な変更は無いものと思っていましたが、スズキのメッセージは「2008年9月25日 ワゴンRの新しい挑戦が始まる」というもの。
この「挑戦」の意味するところはいったい何なのか?
新型ワゴンRがこれまでと特に異なっている点は、室内の広さと燃費性能だそうです。
新型ワゴンRはパレットから始まった新開発のプラットフォームを採用。
これにより、今まで以上に広く快適な室内空間を実現し、後席のスペースは特段に広くなっているとの情報もあります。
そして気になる燃費は、クラストップの23.0km/L(2WD・CVT車)とのこと。
ちなみにエンジンはターボとNAで、トランスミッションは5MT、4AT、CVTの3タイプが用意されているようです。
予想ボディサイズは全長3395mm、全幅1475mm、全高1650mmで、現行モデルとほぼ同様となりそうです。
またノーマルボディの他にスティングレーも用意され、こちらは「黒を基調とした精悍で刺激的なインテリア」が特徴的。
新型ワゴンRの価格については具体的な情報を得られていませんが、内覧会に行った方たちによると若干値上がり感があるようです。
新世代ディーゼルを搭載した新型エクストレイルについては、早くから自動車専門誌等に取り上げられ話題になっていましたが、いよいよデビュー時期が近づいてきました。
新型エクストレイルのデビューは当初2008年の10月頃と予想されていましたが、若干早まり発売日は9月18日に決定したようです。
搭載されるディーゼルエンジン「M9R」は2リッター直4ターボで、最高出力173PS、最大トルク36.7kgmを発揮するとのことです。
既に欧州に投入されているエクストレイル ディーゼルとほぼ同様のスペックになるだろうとの情報もありましたが、日本仕様の方がパワーが引き上げられたようです。
また、遮音ガラスの採用や車体の剛性向上といった対策により、これまでディーゼルの難点とされていた不快な騒音や振動も取り払われ、パワー面のみでなく室内の静粛性もガソリン車並みとなっています。
気になる新型エクストレイルの価格は、299万9850円。
ちなみにガソリンエンジンの最上級モデル「25X」は253万500円ですから、エクストレイルの中では最も高価なグレードとなります。
ボディサイズは全長4630mm、全幅1785mm、全高1685mmで、10・15モード燃費は15.2km/Lとなっています。
なお、エクストレイル 20GTは当初6MT仕様しかなく、ATの追加は2009年6月頃ではないかと言われています。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

<< pre | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | next >>
車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】