新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOPのトップ
新車情報スクープ!関連サイト新着情報
  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    スカイライン クロスオーバー (July 5, 2009)

    スカイライン クロスオーバーが間もなくデビューします。 予定では7月22日。 現在、スカイライン クロスオーバーの公式サイトには、具体的な発表日の記載はありません。 そのかわり、「皆既日食ニュース」と...⇒続きはこちら

  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    ホンダS2000生産終了キャンペーン (June 26, 2009)

    ホンダがS2000の最終モデルをプレゼント。 そんなキャンペーンを実施しています。 このキャンペーンは、S2000の生産終了を記念したものだそうです。 プレゼント対象となる車両のタイプは、S2000(...⇒続きはこちら

  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    新型プリウス 納期は5ヶ月待ち? (May 18, 2009)

    新型プリウスが、いよいよ本日発表となりました。 今年に入ってから注目度は一気に高まった感じがしますが、既に数年前から次期プリウスの登場を待ち望む声は大きかったと思います。 先日、ホンダから新型インサイ...⇒続きはこちら

  • 新型ティアナ情報スクープ NISSAN TEANA

    よりラグジュアリーに進化する新型ティアナ (September 25, 2008)

    2008年6月2日の発表を間近に控え、新型ティアナの詳細な情報が見えてくるようになりました。新型ティアナの姿が明らかになるとともに、これまで入手していた情報と若干異なる点が出てきました。まずは新型ティ...⇒続きはこちら

  • 新型ティアナ情報スクープ NISSAN TEANA

    新型ティアナが2008年6月デビュー (September 25, 2008)

    新型ティアナの発表時期について、これまで2008年の5月頃と予想されていましたが、どうやら6月となるようです(最新情報では6月2日と予想されています)。既に日産のWEBページでは新型ティアナの情報を公...⇒続きはこちら

レクサスIS-F画像ランサーエボリューションXの発表時期が2007年の秋頃になるというニュースが今年の4月後半にありましたが、デビューは10月1日にほぼ決定したと考えて良いようです。
ランサーエボリューションXは「誰もが気持ちよく安全に走りを楽しめる新世代のグローバル4WDスポーツセダン」を開発コンセプトとして、卓越した安定性と意のままの操縦性とを実現する「S-AWC」を採用するとのことでした。
ランサーエボリューションXに採用される、このS-AWCは新たな4WDシステムで、現行システムの思想に基づいてエンジントルク、ブレーキ圧等の情報を加えて制御を緻密にするとともに、ブレーキまでも統合制御するものだそうです。
ランサーエボリューションXに搭載される新たな4WDシステムの恩恵は、あらゆる路面状況での駆動性能、旋回性能、安定性能の向上に現れるようです。
ランサーエボリューションXのエンジンは早くから発表があったとおり、新開発のオールアルミブロック2リッター直4DOHC HIVECターボ(4B11)が搭載されます。
ちなみに4B11の最高出力は280PSということで先代4G36と同様のようです。
ランサーエボリューションXの最高出力は300PSを超えるのではとの噂もあっただけに、パワーに関してはほとんど進化が見えない印象を受けます。
しかし最大トルクに関しては43.0kgmへと大幅にアップし、3000弱から4000強の回転域でフラットトルクを実現するそうです。
更にターボのレスポンスが飛躍的に向上しいることから、ドライバビリティは大幅に高くなるようです。
なおランサーエボリューションXのボディサイズは全長4495mm、全幅1810mm、全高1480mmです。
気になるランサーエボリューションXの価格についてはグレードにより300万円~420万円と予想されています。
日産エルグランドが2007年10月に、マイナーチェンジを図って新たに登場します。
エルグランドはLクラスミニバンのパイオニア的な存在と言っても過言ではないですが、今回のマイナーチェンジによって最上級のミニバンにふさわしい質感の向上と最新の機能を搭載し更なる進化を遂げます。
エルグランドは国産ミニバンでは唯一となるFR駆動方式を採用しており、ダイナミックな車格感にも定評がありますが、今回のマイナーチェンジではエルグランドの持つブランド力がより強くより高いものとなりそうです。
エクステリアに関してはハイウェイスターの専用フロントグリルのデザインを変更し、3色のボディカラーが新色へと変更されるようです。
エルグランドのインパネまわりについては、ファインビジョンメーターのカラーがホワイトになり、グローブボックスノブがメッキ化されるなど全体の質感が向上します。
またインテリアの面ではフロントドアフィニッシャーのメッキ化や、5.1chサラウンド・カーシアターシステム装着車のスピーカーグリルに加飾が追加されるなど、インパネまわりと同様に質感の向上が図られるようです。
今回のエルグランドのマイナーチェンジで最も注目すべきなのは、世界発となるアラウンドビューモニターが搭載されることです。
このアラウンドビューモニターとは、俯瞰映像で自車を表示するという優れた機能を持っています。
車両上方からの映像については、前後左右4ヶ所のカメラで捉えた周囲の映像を、コンピュータにより画像処理を施して映し出すのだそうです。
その他にも赤レザー特別仕様車の設定や、メーカーオプションとなるナビがDVDからHDDへと進化するのもポイントです。

ホンダ フィットが2007年10月にフルモデルチェンジで登場します。
ホンダ フィットがデビューしてから約6年が経過していますが、ホンダの大ヒットタウンスモール車であるフィットがいよいよモデルチェンジとなります。
新型フィットは基本的にキープコンセプトになりそうですが、ユーティリティ重視のパッケージはさらに進化するだろうということです。
新型フィットのボディサイズは現行モデルに比べると50mm長い3895mmとなり、それに伴って室内長も50mm延長されるそうです。
また全幅についても20mm拡幅された1695mmとなり、現行モデルに比べて室内が広くなり余裕あるスペースが得られるようです。
新型フィットに搭載されるエンジンは現行モデルと同様に1.3リッターと1.5リッターが用意されます。
1.3リッター車のエンジンは新開発i-VTECで、これによって最高出力は86PSから100PSへと大幅にパワーアップします。
10・15モード燃費についてはリッター24km以上を実現するということなので、高い走行性能と燃費性能が両立されることになるようです。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

<< pre | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | next >>
車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】