新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOPのトップ
新車情報スクープ!関連サイト新着情報
  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    スカイライン クロスオーバー (July 5, 2009)

    スカイライン クロスオーバーが間もなくデビューします。 予定では7月22日。 現在、スカイライン クロスオーバーの公式サイトには、具体的な発表日の記載はありません。 そのかわり、「皆既日食ニュース」と...⇒続きはこちら

  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    ホンダS2000生産終了キャンペーン (June 26, 2009)

    ホンダがS2000の最終モデルをプレゼント。 そんなキャンペーンを実施しています。 このキャンペーンは、S2000の生産終了を記念したものだそうです。 プレゼント対象となる車両のタイプは、S2000(...⇒続きはこちら

  • 新車情報スクープ!NEW MODEL CAR SCOOP

    新型プリウス 納期は5ヶ月待ち? (May 18, 2009)

    新型プリウスが、いよいよ本日発表となりました。 今年に入ってから注目度は一気に高まった感じがしますが、既に数年前から次期プリウスの登場を待ち望む声は大きかったと思います。 先日、ホンダから新型インサイ...⇒続きはこちら

  • 新型ティアナ情報スクープ NISSAN TEANA

    よりラグジュアリーに進化する新型ティアナ (September 25, 2008)

    2008年6月2日の発表を間近に控え、新型ティアナの詳細な情報が見えてくるようになりました。新型ティアナの姿が明らかになるとともに、これまで入手していた情報と若干異なる点が出てきました。まずは新型ティ...⇒続きはこちら

  • 新型ティアナ情報スクープ NISSAN TEANA

    新型ティアナが2008年6月デビュー (September 25, 2008)

    新型ティアナの発表時期について、これまで2008年の5月頃と予想されていましたが、どうやら6月となるようです(最新情報では6月2日と予想されています)。既に日産のWEBページでは新型ティアナの情報を公...⇒続きはこちら

新型タント画像ダイハツ タントがモデルチェンジを図り、2007年12月に登場します。
今回のモデルチェンジでの目玉は、なんと言っても軽自動車初のセンターピラーレススライドドアの採用です。
これによって、新型タントはこれまでの軽自動車ではあり得ないほどの最大開放幅を実現しています。
タントと言えば軽自動車の枠を超えた室内スペースが売りですが、新型タントでは更に広くなるようです。
ボディサイズの全長3395mmと全幅1475mmは先代と同様ですが、室内長は150mm長い2150mmに、室内幅と室内高もそれぞれ1350mm、1355mmと広がって軽自動車ナンバーワンの広いスペースを確保しています。
前後座席間の距離も95mm広くなった1135mmとなり、居住性に関してもこれまで以上のレベルとなるようです。
また新型タントは使い勝手の良さと快適性も進化し、多彩なシートアレンジが可能なのはもちろん、280mmのスライド量を持つテーブルモード付助手席ロングスライドシートを採用しています。
助手席シートを最前端にスライドさせればリヤ左席前に開放的な空間が出現し、チャイルドシートに乗せた子供の世話や、大きな荷物の積み降ろしなども楽に行えるようです。
なお、新型タントも東京モーターショーに出展されるということで、様々な雑誌等で取り上げられていましたが、特にセンターピラーレス構造を活用したウェルカム昇降シートは印象的でした。
モーターショーでも実際に作動状況を見ることができましたが、約90度まで開くフロントドアとセンターピラーレス構造の利点を活かしたウェルカム昇降シートは、参考出品とはいえ軽福祉車両の可能性を新たに提案したものだと感じました。
新型インスパイア画像ホンダ インスパイアがフルモデルチェンジにより、ボディの拡大、パワーアップを図って登場します。
新型インスパイアは先頃発表された北米仕様アコードと共通のボディを採用しており、エッジを強調したボディラインが特徴的です。
新型インスパイアのボディサイズは全長4945mm、全幅1845mm、全高1475mmで、現行モデルよりもひと回り大きくなっています。
更に全長と全高については、ホンダの最上級サルーンであるレジェンドをも上回るサイズとなります。
新型インスパイアのエンジンは、現行モデルの3リッターから500cc拡大された3.5リッターのV6が搭載されるようです。
基本的にはレジェンド用と同じというこのエンジンのパワーは、最高出力は280PS、最大トルクが34.9kgmを発揮するとのことです。
ただし、レジェンドは最高出力300PS、最大トルク36.0kgmであるため、新型インスパイアとはスペックの差別化が図られるようです。
また新型インスパイアには現行モデルと同様に、優れた燃費性能を発揮するVCMが採用されるそうです。
新型インスパイアのデビューは12月下旬が予定されており、価格についてはほぼ据え置きではないかと予想されています。
インプレッサ ビームスエディション画像スバル インプレッサにBEAMS(ビームス)とのコラボレーション特別仕様車「BEAMS EDITION」が登場します。
今回発売される特別仕様車はインプレッサ「15S」と「20S」をベースにしたもので、BEAMS監修のもとでリメイクされたモデルとなっています。
特徴的なのはオリジナリティ溢れるボディカラーで、外装色にはBEAMSのブランドカラーであるオレンジを元にアレンジした「アクティブオレンジ・パール」と深みのある落ち着いた雰囲気の「ブリリアントブラウン・パール」も新たに採用されます。
特にオレンジのインプレッサは、BEAMSとのコラボだということが一目でわかる発色となっています。
なお内装は外装色とコーディネートしたオリジナルの本革シートが標準装備となるようです。
その他、光輝タイプの専用ヘッドランプやLEDサイドターンランプ内蔵のドアミラー、専用サイズのアルミホイールなどに加え、フロントフェンダーには「BEAMS EDITION」と刻まれた専用エンブレムが備わります。
またBEAMSのロゴをメーターをはじめ各所にあしらえ、内外装をカジュアルでお洒落なデザインに仕上げています。
企画から商品化まで1年半をかけて生み出したというスバルの自信作「インプレッサ BEAMS EDITION」は2007年11月16日より全国で販売開始となるようです。
価格は15Sが173万2500円、20Sが219万4500円。
ちなみにBEAMSをご存知ない方のために、BEAMSとは輸入およびオリジナルの衣料品や雑貨を販売しているセレクトショップです。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

<< pre | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | next >>
車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】