新型インプレッサ最新情報のブログ記事

新型インプレッサSTIのティザー広告が10月24日の発表に向けて開始されました。
早速、新型インプレッサSTIの広告ページへアクセスし、その内容を確認してみました。
まず「インプレッサSTIとは」と題して、ここではスバルがインプレッサWRX STIに託した願いやインプレッサSTIの進化に込められた想いなどが述べられています。
今回登場する新型インプレッサSTIは、いままでのSTIとは違う、「進化」という枠を超えたSTIであると強くアピールしているようです。
インプレッサSTIの進化は「誰よりも速く走ることだけを目的としているのではなく、車を意のままに操ることができる走りの楽しさを体現することにある」ということです。
インプレッサSTIは、速く走ることを第一の目的としているわけではないのですね。
またインプレッサSTIバージョンの変遷では、歴代のインプレッサSTIが並んでいて、見ているだけでもかなり楽しめます。
新型インプレッサのイメージ画像も掲載されていますが、そこはティザー広告ですから本当に思わせぶりな見せ方をしています。
というか暗闇の中に新型インプレッサSTIが潜んでいるようなイメージで、スタイルはほとんどわかりません。
ただし今回公開された画像で、新型インプレッサSTIはバンパー下部にフォグランプが内蔵していることが確認できました。
新型インプレッサWRX STIは東京モーターショーでも一般公開されるようですが、いよいよデビューまで1ヶ月を切りました!
新型インプレッサSTIのスタイルについては、わりと早いうちから画像を見ることができました。
従来のインプレッサSTIが持っていた戦闘的なイメージに対し、新型インプレッサSTIはシックな雰囲気を持ちながら迫力のあるデザインという印象でした。
新型インプレッサSTIのイメージカラーはWRCで活躍するブルーではなくガンメタになるなど、どうやら大人のGTを目指し進化を遂げるようです。
エクステリアについてはこのような進化が見られる新型インプレッサSTIですが、なにより最も注目されるのはその走行性能でしょう。
新型インプレッサWRX STIに搭載されるエンジンはEJ20水平対向DOHCターボということですが、このエンジンは既にS204で320PSを発揮するなど、パフォーマンスの高さには定評があります。
かねてから使用されているツインスクロールターボが今回のパフォーマンスアップのキーとなり、更に緻密な制御によってレスポンス向上はもちろんですが、燃費性能の向上も図られるようです。
新型インプレッサSTIのパワーに関してはスバル側の届け出と国交省側の認証によりますが、その数値については今のところ明確とはなっていないようです。
ただし現在予想されている新型インプレッサSTIのスペックとしては、最高出力300PS、最大トルク45.0kg-mを発揮し、これだけのパワーをもちながらも10・15モード燃費はリッター10.5kmを実現するとのことです。
なお新型インプレッサSTIの正式発表は2007年10月24日でほぼ確定らしいですが、発売開始時期については多少遅れる可能性があるようです。
インプレッサといえば2007年の6月に新型モデルが登場しましたが、その新型インプレッサに頂点となるSTIが登場します。
新型インプレッサSTIの正式発表は2007年10月24日に決定されたようです。
新型インプレッサSTIの発表は開発が遅れているとの情報もあったため、10月の発表は間に合わないかもしれないとのことでしたが、東京モーターショーでは正式にお披露目されるようです。
また、新型インプレッサの正式名称は「インプレッサWRX STI」となるようです。
新型インプレッサSTIで最も注目されているのは、なんといってもそのパワーマンスでしょう。
インプレッサSTIが発表される直前の10月1日には、ライバル車と言われているランエボXが280PSのパワーを備えてデビューします。
インプレッサとランエボはこれまでも2リッター車の最強の座をめぐって、マーケットはもちろんラリーフィールドでも争ってきました。
すでにランエボXのスペックが判明しているだけに、新型インプレッサSTIがどのようなパワーを発揮するのかは最も気になるポイントです。
新型インプレッサSTIについて、今年の1月頃には開発関係者による「280PSにしばられない」という発言もあったらしいため、その実力に期待が大きく膨らみます。