新型インプレッサ 情報スクープ SUBARU IMPREZA-HOME

新型インプレッサSTIの正式発表の日が近づいてきました。
新型インプレッサSTIが正式デビューとなるのは、10月24日の東京モーターショープレスデー。
この日をもって新型インプレッサSTIが初公開となるとともに、以前から話題となっていた驚異の性能も明らかになります。
今回の東京モーターショーにおけるスバルのテーマは「ファンタスティック・モーメント」。
スバルならではの先進技術や価値提案によって、かけがえのないひととき、感動の瞬間をより多くのお客様に感じてもらいたい、という思いが込められたテーマだそうです。
東京モーターショーでは、かねてから噂になっているスバル初の7人乗りミニバンや、スバル独自のEVも初公開となるそうですが、なんといってもスバルブースで最大の目玉となるのは市販前提で発表される新型インプレッサSTIでしょう。
注目となっているエンジンスペックについては、相変わらず正式発表日までシークレットだそうですが、関係者の話では最高出力300PS、最大トルク43.5kgmという情報はかなり信頼性が高いようです。
新型インプレッサのインテリアデザインは、基本的に標準モデルと大きく変わることはないようですが、オフブラックで統一されたインテリアはスポーティであるとともに落ち着き感も漂わせています。
シートについてはサイド&ニーサポートを強化したリクライニングバケットシートが採用され、シートバックにはチェリーレッドの「STI」ロゴが配されるようです。
新型インプレッサSTIの市販モデル正式発表まで、あとわずかとなりました!

新型インプレッサSTIのティザー広告が10月24日の発表に向けて開始されました。
早速、新型インプレッサSTIの広告ページへアクセスし、その内容を確認してみました。
まず「インプレッサSTIとは」と題して、ここではスバルがインプレッサWRX STIに託した願いやインプレッサSTIの進化に込められた想いなどが述べられています。
今回登場する新型インプレッサSTIは、いままでのSTIとは違う、「進化」という枠を超えたSTIであると強くアピールしているようです。
インプレッサSTIの進化は「誰よりも速く走ることだけを目的としているのではなく、車を意のままに操ることができる走りの楽しさを体現することにある」ということです。
インプレッサSTIは、速く走ることを第一の目的としているわけではないのですね。
またインプレッサSTIバージョンの変遷では、歴代のインプレッサSTIが並んでいて、見ているだけでもかなり楽しめます。
新型インプレッサのイメージ画像も掲載されていますが、そこはティザー広告ですから本当に思わせぶりな見せ方をしています。
というか暗闇の中に新型インプレッサSTIが潜んでいるようなイメージで、スタイルはほとんどわかりません。
ただし今回公開された画像で、新型インプレッサSTIはバンパー下部にフォグランプが内蔵していることが確認できました。
新型インプレッサWRX STIは東京モーターショーでも一般公開されるようですが、いよいよデビューまで1ヶ月を切りました!
新型インプレッサSTIは今回のモデルチェンジでパワーと燃費、更に環境面への配慮といった総合的な見直しが行われます。
新型インプレッサSTIで注目すべきは、多岐にわたってのパフォーマンスアップを果たしつつも、乗り心地に関してはしなやかな方向へ振られているということであり、奥行のみられるサスペンションが新たなSTIを物語っているようです。
S204で採用されていたヤマハと共同開発のパフォーマンスダンパーを使用せずとも、新型インプレッサSTIのコーナーリング時における操縦安定性は極めて高く、またベースとなっているシャシーの基本性能の高さでサスペンションのチューニングは完結しているようです。
このような性能アップにともなってブレーキも大幅に進化しており、18インチ対応のブレンボ製を採用して強力なストッピングパワーを発揮することになるそうです。
インプレッサSTIはモデルチェンジによって、こうした全般的な性能アップを図ることになりますが、スバルにとっては4WDの技術の先進性をどうみせるかが最も重要かと思います。
2007年10月に登場する新型インプレッサSTIは、新たに投入される技術こそなく熟成の方向となりますが、水平対向エンジンによる左右対称の低重心シンメトリカル4WDが走行性能の大きな武器となるようです。
インプレッサSTIの優れた低重心の運動性能を制御するDCCDと呼ばれるドライバーズコントロールセンターデフによって、ドライバーの意志に忠実なトルク配分や姿勢をコントロールし、新しいサスペンションとの組み合わせで別次元の走りが可能となりそうです。
新型インプレッサSTIは走行性能だけでなく、もちろんインテリアについてもスポーツムード溢れるものとなるのは従来どおりで、レカロシートなどもオプションで用意されることになるようです。
これだけの機能と上級感を持ち得ているとなると、新型インプレッサSTIの価格がどれほどになるのかが大きなポイントですが、従来のモデルに近づけるということで予想価格は330万~360万円程度になりそうだと言われています。
新型インプレッサSTIのスタイルについては、わりと早いうちから画像を見ることができました。
従来のインプレッサSTIが持っていた戦闘的なイメージに対し、新型インプレッサSTIはシックな雰囲気を持ちながら迫力のあるデザインという印象でした。
新型インプレッサSTIのイメージカラーはWRCで活躍するブルーではなくガンメタになるなど、どうやら大人のGTを目指し進化を遂げるようです。
エクステリアについてはこのような進化が見られる新型インプレッサSTIですが、なにより最も注目されるのはその走行性能でしょう。
新型インプレッサWRX STIに搭載されるエンジンはEJ20水平対向DOHCターボということですが、このエンジンは既にS204で320PSを発揮するなど、パフォーマンスの高さには定評があります。
かねてから使用されているツインスクロールターボが今回のパフォーマンスアップのキーとなり、更に緻密な制御によってレスポンス向上はもちろんですが、燃費性能の向上も図られるようです。
新型インプレッサSTIのパワーに関してはスバル側の届け出と国交省側の認証によりますが、その数値については今のところ明確とはなっていないようです。
ただし現在予想されている新型インプレッサSTIのスペックとしては、最高出力300PS、最大トルク45.0kg-mを発揮し、これだけのパワーをもちながらも10・15モード燃費はリッター10.5kmを実現するとのことです。
なお新型インプレッサSTIの正式発表は2007年10月24日でほぼ確定らしいですが、発売開始時期については多少遅れる可能性があるようです。
インプレッサといえば2007年の6月に新型モデルが登場しましたが、その新型インプレッサに頂点となるSTIが登場します。
新型インプレッサSTIの正式発表は2007年10月24日に決定されたようです。
新型インプレッサSTIの発表は開発が遅れているとの情報もあったため、10月の発表は間に合わないかもしれないとのことでしたが、東京モーターショーでは正式にお披露目されるようです。
また、新型インプレッサの正式名称は「インプレッサWRX STI」となるようです。
新型インプレッサSTIで最も注目されているのは、なんといってもそのパワーマンスでしょう。
インプレッサSTIが発表される直前の10月1日には、ライバル車と言われているランエボXが280PSのパワーを備えてデビューします。
インプレッサとランエボはこれまでも2リッター車の最強の座をめぐって、マーケットはもちろんラリーフィールドでも争ってきました。
すでにランエボXのスペックが判明しているだけに、新型インプレッサSTIがどのようなパワーを発揮するのかは最も気になるポイントです。
新型インプレッサSTIについて、今年の1月頃には開発関係者による「280PSにしばられない」という発言もあったらしいため、その実力に期待が大きく膨らみます。
| 1 |