新型GT-Rのルーツと変遷のブログ記事

新型GT-Rのルーツに続いて、これまでのGT-Rの変遷とスカイラインの歴史も併せて簡単にまとめてみました。
初代GT-Rは1969年にデビューしたスカイライン2000GT-Rですが、このクルマは最高速度200km/hでゼロヨンは16.1秒という俊足ぶりだったようです。
新型GT-Rの最高速度については300km/hクラスのパワーを持っていると予想されていますが、ゼロヨンではどのくらいの数値をたたき出すのでしょうか。
GT-Rといえば1973年に発売され、「ケン&メリー」の愛称で親しまれたハードトップの2000GT-Rを思い出す方も多いのではないでしょうか。
このGT-Rははスカイライン史上で最も好調な販売を記録したシリーズだということです。
その後GT-Rは1989年に発売されたR32で16年ぶりの復活を遂げています。
このクルマは新型GT-Rと同様にツインターボを搭載し、レースでは29戦無配の記録を打ち立てたそうです。
GT-Rの冠を持つクルマは、1999年に発売され2002年に生産を終了した5代目のスカイラインGT-Rでその名に幕を下ろしたように思われました。
今まさに復活のときを待つ新型GT-Rは、果たしてどのような伝説を作り上げていくのでしょうか。
またGT-Rといえばスカイラインというイメージですが、新型GT-Rには「スカイライン」のネーミングが生かされるのでしょうか。
新型GT-Rがいよいよデビューということで、GT-Rのルーツを簡単にまとめてみました。
GT-Rのルーツはスカイライン2000GTと言われていますが、このクルマはプリンス自動車が開発したものです。
1964年の第2回日本GPに出場して2位から6位を独占し、ここからスカイライン神話が生まれたようです。
エンジンは1988ccの直6 OHCで、最高出力は165PS、最大トルクは18.4kgmを発揮したようです。
最強最速を目指す新型GT-Rのルーツがここにあるのですね。
新型GT-Rの本当の意味でのルーツとなる初代GT-Rは、1969年にデビューした2000GT-Rです。
この初代GT-Rは2年10ヵ月の間にレースで50勝をあげるという金字塔を打ち立てています。
新型GT-Rが「GT-R」という名を持つ以上、初代GT-R同様の俊足さは当然身につけていなければならない必須条件なのです。
このGT-Rのエンジンは1989cc、直6 DOHCで、最高出力は160PS、最大トルクは18.0kgmを発揮したようです。