ホンダ フリードの居住性と予想価格

ホンダの新型ミニバン「フリード」は、スタイリッシュなフォルムが特徴的です。
モビリオと大きく異なる外観が話題となっているフリードですが、室内スペースもゆったりと使い勝手の良いものになっているようです。
フリードのボディサイズはモビリオと比べると、全長が145mm、全幅が10mm大きくなっています。
また室内長(2625mm)についてもモビリオより190mm長くなっており、十分なスペースが確保されているとのことです。
既に知られているように、フリードはモビリオとモビリオスパイクが統合された車となることから、5人乗りの2列シート車と7人乗りおよび8人乗りの3列シート車が用意されます。
このうち3列シート車のセカンドシートについては、7人乗りが左右独立式のキャプテンシートで、8人乗りがベンチシートという設定になります。
5人乗り仕様は広いラゲッジスペースを持っており、2列目シートを倒せば更に広大な荷物スペースとして利用できます。
7人乗り仕様はキャプテンシートで前席と後部座席間の移動が自在。
更に3列目シートが左右拡大されたフリードは、1.5リッタークラスのミニバンであるにもかかわらず8人乗りも用意されています。
なお、フリードの予想価格は7人乗り仕様と8人乗り仕様の「G」が200万円前後、5人乗り仕様の「フレックス」が約160万円となっています。