新型フィットの居住性

新型フィットは上級車並みの乗り心地が味わえるシートが採用され、居住性は快適なものとなるようです。
新型フィットではアコードクラスのサイズのフレームシートが採用され、シート内部のクッションウレタンの厚みやバネ形状が見直されています。
これによって新型フィットのシートは、ロングドライブでも疲れない快適なかけ心地となっているそうです。
新型フィットのシートの見直しは前席だけでなく後席にも図られており、シート幅を20mm拡大するとともにクッションの厚さを10mm増やし、更にシートの高さも15mm伸ばしています。
このように新型フィットは前席のみでなく、後席にも快適な乗り心地を追求しているとのことです。
新型フィットのみならず、フィットの位置するコンパクトクラスのライバル車たちも、最近は後席の快適性にも重点を置いている傾向にあるようです。
その他、新型フィットの居住性に関してポイントとなるのがスカイルーフです。
スカイルーフは電動サンシェード付きのガラス製ルーフで、後席まで光が注ぎ明るく開放的な室内空間を提供してくれるそうです。
なお新型フィットの強力な売りとなるスカイルーフは、オプション設定となります。