デュアリス詳細情報のブログ記事

日産デュアリスの魅力は、なんといっても欧州車のような力強さとスポーティな走りをイメージさせるエクステリアデザインでしょう。
デュアリスには欧州市場の日産SUVに共通しているフロントグリルがそのまま採用されています。
これによって、デュアリスは日産の国内向け車両とはまったく異なる欧州車らしい印象を醸し出しています。
日産のハッチバックやワゴンでは定番的なつり上がったリヤコンビランプのデザインは空力を考慮した形状になっているようです。
また、車両細部まで解析したことでデュアリスのCd値は0.35というSUVとしては最高のレベルを実現しています。
ボディについては他のライバル車と比較すると若干コンパクトサイズになっています。
しかし着座位置は高めで、SUVらしい視界の広さはしっかりと得られるため、大きな車の運転が少々苦手と感じている方には絶妙なサイズかもしれません。
デュアリスの車内インテリアは欧州で生まれたモデルらしく、落ち着きがありモダンなテイストを持った仕上がりとなっています。
内装の色はブラックのみで、シフトノブ、サークルベントなどにはメタリック調フィニッシャーを用いており、とてもスポーティーな印象になっています。
デュアリスのシートについては、クッション部はソフトな素材ですが、サイドサポートには硬めの素材が用いられているため、座り心地もホールド感もかなり良好なようです。
日産デュアリスのディーラーオプションとしては、木目調パネルやブラック&レッドの撥水機能付シートカバー、イルミネーション付キッキングプレートなどがあります。
日産の新型車デュアリスが、いよいよ発売となりました。
デュアリスの快適さを演出する装備として、上級グレード20Gに標準装備となるガラスルーフや、左右独立温度調整式のフルオートエアコン等が備え付けられます。
日産デュアリスのポケッテリアは、前席コンソールにセットされたカップホルダー、14L大容量のグローブボックス、500mlのペットボトルが収納可能となる前後ドアポケット等、非常に使い勝手の良いものとなっています。
ラゲッジルームは広い幅と奥行きを確保しており、ゴルフバック2個を楽に積載することができるようです。
デュアリスのエンジンは、日産車ではおなじみとなっているMR20ED型2Lが搭載されています。
トランスミッションは、新開発のエクストロニックCVT-M6で、6速マニュアルモード付きとなっています。
また、デュアリスはASC機能を採用しているため、運転スタイルや走行状況に応じ、700通りもの変則パターンの中から最適な変則タイミングを採るシステムとなっています。
日産デュアリスのサスペンション形式は前/ストラット、後/マルチリンクで、ドイツの名門ザックス社と共同開発したハイスピードダンピングコントロールショックアブソ-バを採用しています。
これにより、デュアリスは優れた走行性と乗り心地を両立しています。
外観については、フロントからリアへ流れる滑らかなルーフラインと、くっきりとしたホイールアーチの盛り上がり大きな特徴となっています。
日産の新型車デュアリスは、そのスタイリッシュなボディと斬新的なCMで話題を呼んでいます。
また、デュアリスの欧州版車種であるキャシュカイがヨーロッパで高い安全性を評価され、受注台数は5月末で6万台を越える勢いのようです。
このように話題性と高い評価を持ち合わせたデュアリスですが、実際に試乗した方たちがデュアリスに対してどのような感想を持ったかを、おおまかにとりまとめてみました。
まず、デュアリスの乗り心地に関しては、自動車情報誌やカタログ等で紹介されてるとおりのもので、期待を裏切るものではなかったという声が多いようです。
平坦な道路もちろん、わだち掘れ等によりデコボコした道路での乗り心地を高く評価する声もありました。
デュアリスの操作性については「直進はもちろんコーナーでも高い安定性がある」、「ハンドリングが軽い」等の意見がありました。
これが、日産デュアリスに採用されているドイツの名門ザックス社と共同開発したハイスピードダンピングコントロールショックアブソーバーの効果なのでしょうか。
デュアリスに搭載されているエンジンMR20ED型2Lについては、比較的静かだという評価が目立ちました。
室内に関しては、シートが包み込む感じで良いとする評価がある一方で、後席の乗り降りが困難だという声もありました。
後席の乗り降りについては人により感じ方が異なるようですが、シート下の出っ張りやドア下のスピーカーが邪魔だという意見が数件みられたため、デュアリスを試乗する際には、この辺りを確認してみるのがいいでしょう。