新型デミオが間もなく登場

新型デミオが2007年7月に、いよいよフルモデルチェンジで登場します。
3月に開催されたジュネーブモーターショーでヴェールを脱いだ新型デミオですが、現行モデルよりもサイズダウンしコンパクトの基本に立ち返るようです。
これは欧州の同クラスライバル車と勝負をするためということらしく、従来のコンパクトスペースワゴンというジャンルから大きく方向転換しています。
新型デミオの画像を見ると、まるで欧州車を彷彿させるような躍動感溢れるフォルムであることがわかります。
格好良さと可愛らしさを両立させたスタイルは、今やコンパクトカー購入の過半数を占める女性ユーザーを主なターゲットにしたものであるようです。
新型デミオの特徴はそのスタイルだけでなく、軽量ボディと新開発エンジンでクラストップの低燃費を実現していることも大きなポイントです。
新型デミオの最も注目すべきは1.3リッターに用意されるミラーサイクルエンジン。
このミラーサイクルエンジンとマツダ初となるCVTとの組み合わせで、クラストップレベルの10・15モード23km/Lという燃費を実現するです。
また、マツダ新型デミオはSPORTと4WD以外、すべて1tを切る軽量化を図っており、燃費性能だけでなく走りの良さにも大きく期待が持てそうです。