新型クラウンの内装・車内装備

新型クラウンのデビューが2008年2月18日となるようです。
まずはアスリートとロイヤルがデビューし、ハイブリッドについては2008年5月以降が予定されています。
新型クラウンのエクステリアは既に東京モーターショーに出展されていたショーカーで確認されていると思いますが、一見すると現行モデルと似通ったフォルムではあるものの、若干スポーティな印象を強めたものとなっています。
外観的にはスポーティな印象を強めたとはいえ、車内インテリアや装備については高級車クラウンらしい仕立てとなっています。
新型クラウンのインパネは視覚的な広さを狙った改良が施されており、アスリートにはつや消しの黒木目調パネル、ロイヤルにはつや消しの茶木目調パネルが装備されます。
ステアリングについては、ロイヤルが本革と木目調のコンビ、アスリートは本革巻きとなるようです。
全面液晶のメーターパネルにはウエルカム映像として車名ロゴが浮かび上がり、文字盤が回転しながら現れるという演出の凝ったものになっています。
また新型クラウンのオーディオは、ベーシックでも4chアンプ+6スピーカーのシステム、最上級オーディオは19chアンプ+18スピーカーを備えているそうです。