マツダの新型車ビアンテ登場

ずいぶん前からボンゴフレンディの後継車が登場するという情報がありましたが、その姿が徐々に明らかになってきました。
マツダから登場するMクラスミニバンは「ビアンテ(BIANTE)」という車名だそうです。
そしてビアンテの発表時期は2008年7月(上旬?)が予定されています。
自動車専門誌などでは、これまで「ボンゴフレンディ後継車」という呼び名で、その存在が紹介されていましたが、デビュー間近になってようやく車名と外観が発表されたようです。
ところで車名のビアンテは英語の「Ambient(アンビエント)」を基にした造語とのことです。
Ambientとは「周辺の」とか「取り巻く」といった環境を意識した言葉ですが、ビアンテのプレサイトを見ると「快適さ」と「楽しさ」といったキーワードを強く意識していることがわかります。
プレサイトのトップを飾る言葉は「最広(サイコー)!!ビアンテ クラストップの大空間」。
更に「何でもできそう。MAZDA BIANTE新登場」と続き、室内容量はかなり期待できそうです。
コンセプトは「所有することの"楽しさ"がひと目で感じられるデザイン」。
ビアンテの画像を見ると、確かにこれまでのミニバンとは一線を画す、よりスポーティで伸びやかなフォルムが新鮮です。
そして「家族と快適にドライブできる"安心"と運転する"楽しさ"」、「乗る人の"楽しさ""快適さ"を最優先した居住空間」といったフレーズ通り、広々とした快適で楽しい室内空間が実現されているようです。