新型アテンザの室内インテリア

新型アテンザは今回のモデルチェンジで質感を高めた内外装を身につけて登場しますが、上質な室内インテリアも魅力のひとつとなるようです。
新型アテンザはセンターコンソールをはじめとし、インパネやドアのスイッチベースまで、全て共通柄の木目調パネルが採用されるとのことです。
オーソドックスなデザインながらも質感が高くスポーティなインテリアは、ひとクラス上の上質感を漂わせています。
ゲート式のシフト周りについては高級感のある深みを持ったパネルが装着され、またメーターパネル周囲には夜間ドライビングのひとときを華麗に演出してくれるブルーのリング照明を採用しています。
新型アテンザでは、これまでポップアップ式となっていたナビがインパネに収まったことで手が届きやすい位置となり、エアコンの吹き出し口も上部へと移動するなど、効率化を狙った工夫が図られています。
またシートについては若干アップライトなポジションとなり、前方の視認性を向上させているようです。
その他、指先によるマニュアル変速を可能とするステアリングスイッチの設定や、センタークラスター上のディスプレイには、オーディオ・エアコンの情報や平均燃費などが表示されるようになっています。
新型アテンザの室内インテリアは、現行モデルのスポーティなイメージを継承しつつ、上質感を程良く融合させたものとなっています。