スズキ ワゴンRがモデルチェンジ 2008年9月登場

お待ちかねの新型ワゴンRが、いよいよ2008年9月25日に登場します。
幅広い層から支持を得ているベストセラーカーのスズキ ワゴンRですが、4代目へのモデルチェンジを間近に控えた現在も、軽自動車では圧倒的な販売台数を誇っています。
相変わらずの売れ行きを見せている人気車だけに、今回のモデルチェンジは基本的にキープコンセプト。
さすがに大幅な変更は無いものと思っていましたが、スズキのメッセージは「2008年9月25日 ワゴンRの新しい挑戦が始まる」というもの。
この「挑戦」の意味するところはいったい何なのか?
新型ワゴンRがこれまでと特に異なっている点は、室内の広さと燃費性能だそうです。
新型ワゴンRはパレットから始まった新開発のプラットフォームを採用。
これにより、今まで以上に広く快適な室内空間を実現し、後席のスペースは特段に広くなっているとの情報もあります。
そして気になる燃費は、クラストップの23.0km/L(2WD・CVT車)とのこと。
ちなみにエンジンはターボとNAで、トランスミッションは5MT、4AT、CVTの3タイプが用意されているようです。
予想ボディサイズは全長3395mm、全幅1475mm、全高1650mmで、現行モデルとほぼ同様となりそうです。
またノーマルボディの他にスティングレーも用意され、こちらは「黒を基調とした精悍で刺激的なインテリア」が特徴的。
新型ワゴンRの価格については具体的な情報を得られていませんが、内覧会に行った方たちによると若干値上がり感があるようです。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】