スバルR2に新グレードが追加 2007年6月登場

スバルR2が一部改良を図るとともに、SOHCエンジンを搭載した新たなグレード2種類が追加設定されます。
スバルR2に新たに設定されるグレードはオーディオレスのシンプルな装備で価格を抑えたモデルの「F」と、この「F」をベースに充実した実用装備を施したスタンダードモデルの「F+(エフプラス)」です。
スバルR2・Fは最高出力46PSのSOHCエンジンを搭載しており、ブラック塗装のドアミラーが特徴的です。
スバルR2・F+はAM/FMチューナー付きCDプレーヤーや電動格納式カラードドアミラー、UVカットフロントガラス、フロントフォグランプなどの実用装備を付与したモデルです。
また女性ユーザーをターゲットとしたグレード「Refi」には、花粉対応フィルター付きエアコンを組み込んだ「新うるるんパック」が標準装備となるほか、内装色がボディーカラーとコーディネートしたブラウンとピンクの2種類となるようです。
更にスーパーチャージャーエンジン搭載のスポーティグレード「typeS」には、赤い本革巻きステアリングホイールなどが設定されるとのことです。
なおスバルR1についてもグレード展開が見直され、DOHCエンジンを搭載した「R」とスーパーチャージャーエンジンを搭載した「S」の2種グレードとなり、ボディカラーに新色の「ベリールージュ・パール」が設定されます。
スバルR2の新グレードモデルの価格は、「F」が76.65万円、「F+」が86.625万円~99.12万円、R1については127.05万円~153.72万円となるようです。
なお発売日は2007年6月12日が予定されています

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】