トヨタ アルファードがモデルチェンジ 2008年5月登場

FT-MV画像新型アルファードのデビュー時期がいよいよ具体的になってきました。
アルファードがフルモデルチェンジを図って登場するのは、2008年5月12日となりそうです。
しかも今回のモデルチェンジに伴って、兄弟車のヴェルファイアも登場することとなりました。
現行モデルについてはトヨペット店向けのアルファードGとネッツ店向けのアルファードVがありましたが、今回発売されるネッツ店向けモデルはヴェルファイアという車名になります。
現行モデルの2タイプはグリルやエンブレムが異なる程度でしたが、新型アルファードとヴェルファイアはフロントマスクをはじめスタイルの差別化が図られています。
新型アルファードは2007年開催の東京モーターショーに出展されたFT-MVがベースとなっていますが(上の画像はFT-MVです)、ボディサイズは若干小さくなっているようです。
ちなみにノーマルタイプのボディサイズは全長4850mm、全幅1830mm、全高1890mmで、現行モデルと比べると全長と全幅がサイズアップされ、全高のみ低くなっています。
ただし全高が低くなっているものの、低床化によって室内は現行モデル以上の広さを確保しているとのことです。
また搭載されるエンジンは、2.4リッター直4と3.5リッターV6の2種類が用意され、ともに平成17年基準排出ガス75%低減レベルを達成しているようです。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】