スズキ パレット2008年1月登場

パレット画像スズキから広大な室内スペースを持った軽ハイトワゴンが登場します。
東京モーターショーに出展されて一気に注目を浴びた、スズキ パレットです。
スズキ パレットの特徴を一口で言うと、ロングホイールベース、低床フラットフロアの新プラットホーム上に、広いガラスエリアを持った背高ボディの車。
早くもダイハツ タントとライバル車扱いされていますが、スズキ パレットは両側電動スライドドアを採用しているのがポイントです。
スズキ パレットのエクステリアは、なんといっても曲面を生かした大きなヘッドライトを持つフロントマスクが印象的。
スズキ パレットは箱型になりがちな軽自動車のフォルムを、ボクシーでありながら張りのある曲面でエモーショナルに見せているとのこと。
東京モーターショーで公開されたモデルは、近年の軽自動車では定番のバリエーションとなっている標準タイプとスポーツ仕様の2種類。
そのフォルムからはユーティリティの高さが伝わってくるようです。
圧倒的な開放感を持った大きなガラスエリア、両側電動スライドドアによりクラスを超えた大開口部。
後席にはダイブダウンシートを採用し、フラットなラゲッジを実現しています。
タントの対抗車ということもあって、スズキ パレットの室内は軽ハイトワゴンとしてはトップレベルの居住性と使い勝手を兼ね備えているようです。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】